ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2009年10月31日

朝一で・・・・

例によって 朝一でバスフィッシングでした!

早起きして釣り場へと向かい 

到着するも辺りは真っ暗  (~_~;)

釣り場へと歩く事もできず

しばし、車の中でマイルス・デイビスを数曲

虫の音も聞こえず静かな朝

まだ明けきれぬ 湖面にハンドメイドのペンシルベイトを一投目

ルアーが確認できない為に早めにサミング

一投目、アクションをつけずに ちょっとだけステイ

この一投目のステイ 投げただけのこの状態

これで、何十本のバスを引きずり出した事か

確立が高い事を知っているので

自分の場合は必ず一投目はキャスト&ステイ

最初に好んでペンシルをキャストするのも昔から一緒


一投目、ステイ ガボッ

合わせをくれてやり 巻き始めたら  ??

釣り上げたら ナマズ なんて事も有りましたけど^^

いつも、一投目は丁寧に

今日は一投目には出ませんでした・・・何も見えないし(笑)

何も見えないまま 感だけを頼りにドッグウォーク

ペンシルが水を切る音 かすかに波紋が見えるだけ

ボッシュ

魚が乗っているかきいてみる ! いる (^・^)

オモッイキリ 合わせをくれてやり 数投目で40オーバー (^。^)

反対岸にキャストでもう一本 今日は幸先がいい〜  ^^

ちょっとアタリがなくなったので

ハンドメイドの F 9センチミノー 

これも数投目にて DON

30センチにも満たない小バスでしたけど

写真を撮るも 全てかろうじてバスと判別できる程度

携帯にフラッシュが付いてないので 

まあ、フラッシュが有ったとしても 釣りに影響するので使いませんが

明るくなってからは食いも渋り

浮いているバスも見え始めたし 

今日は病院での定期検査も受けなければならず 

3時間程度の釣りでしたが 凄くいい感じでした  (^・^)

ハンドメイド・ペンシルにて

ハンドメイド。ペンシル紫銀.JPG



写真のバスは30センチにも満たない小バスです


通常なら「小バスか〜」 と思うのですが

自作のルアーに来た時は小バスでも嬉しいですね〜


今日は自作ルアーだけで釣りができた日でした^^

振り返って後ろを見れば 

2009.10.31.JPG


綺麗に染まった山

そして、駐車場脇には

花じゃないんですよ!

紅葉してこんなに真っ赤でした 


つつじかな?.JPG



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

続きを読む
posted by はやちゃん at 13:50| 山形 | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

長女の思い出

先日、「イチョウの葉が落ちたら雪が降る」

と爺さんや婆さん達に聞いたっけ!と書いたばかりです

それなのに、イチョウが色づき始めたばかりで 初雪の天気予報が出た山形です。

文化の日頃には降るらしいとの予報でしたが、早すぎるような

その前に自分の誕生日も来るし

誕生日には、いい思い出ってないんだよな〜

その話は後日と言う事で

今日は長女の思い出

もうすぐ二十歳になる長女です

けれど、こんな時もあったんです

幼稚園の頃

テレビで流れていた、セーラームーン

アンド 「遠山の金さん」  !!  


セーラームーンはよしとして、なぜか遠山の金さんが大好き

あるとき、たまたま流れていた映画を見ていたら

まだ幼かった長女が来て

ひとこと





「なんで金さんがいっぱいいるの ?」













流れていたのは、やくざ映画でした  !!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


続きを読む
posted by はやちゃん at 21:23| 山形 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

柿の収穫

先日、少しだけ 書きましたが 柿の収穫にも行ってきました

 山形のこの地域では、庭木として昔から柿の木が植えてあり

その為に、柿の木はのび放題の大木となっている家が多いんです

それで収穫には竹の棒の先を割り それに枝をはさみ 枝がらみ取るというやり方が、昔からの収穫方法なんです!

 そんな道具を見た事もない家の娘が、

柿の収穫がよほど楽しかったのか、一生懸命に採っていました

子供の頃 遊びまわった野山

里山の景色.JPG


子供の頃こんな所を走り回って遊んだんですよ^^

ここは、自分が子供の頃と今も景色が変わっていません^^

奥に見えるのが柿の木なんですけれど・・・・・

 アップ

柿の木.JPG



もう,葉も落ち柿の木も冬の準備に入っています

この地域だけに伝わる言葉なのか、


イチョウの葉が落ちたら雪が降る

と爺さん婆さんに聞かされたものです

そのイチョウの葉も色づき始めました!

そして、収穫したのがこれです

収穫した柿.JPG


山形では甘柿は、ほとんどなく大部分が渋柿です

しかし、この量を焼酎で渋抜きしても食べきれずに駄目にするのが目に見えているので 干し柿にしてみました!

どのように、できるか楽しみです^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

続きを読む
タグ:柿の収穫
posted by はやちゃん at 20:35| 山形 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 山形の観光やイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

もってのほか

結構、大きな農家のうちの親戚から

「柿を採りにおいで」と電話があり

柿を採りに行ってきました

山形には庄内柿等の有名な物から、蔵王のふもとに関根柿と呼ばれる希少種まで有ります

自分の住む町にもたくさんの柿の木が有り

旧くからの家には必ずと言っていいほど柿の木が有ります

それで柿をもらいに出掛け畑で見た食用の「もってのほか」が綺麗だったので^^

        食用菊 もってのほか
もってのほか.JPG


ちかごろは県民ショーで色々と有名になりましたが

山形には食用の菊も有ります

葉っぱじゃなくて 花を食べるんです!

てんぷらにしたり漬物の彩りに一緒に漬けたりするのですが

代表は おひたしでしょうかね

食用菊のおひたし
もってのほかのおひたし.JPG

写真の食用菊は黄色い種類で「もってのほか」ではありません 


この時期の山形の食卓には綺麗な菊の花のおひたしが 出てきます

なかでも美味しいとされるのが山形で「もってのほか」と呼ばれている種類なんです

正式名が有るのですが、山形では「もってのほか」なんです

由来には 

天皇の紋章である 菊の花を食べるのはもってのほか

だとか

食べてみたら、 もってのほか(思いもよらず)美味しかったとか言われていますが



自分が高校生の時に亡くなった 家の婆さんに聞いたのは



昔、食べ物のない時に百姓たちの秋の食べ物だった菊の花

その時、

お忍びで通りかかった お殿様

村の者達が食べている綺麗な色の見た事のない食べ物が気になり

お城に帰り「村の者達が食していた物をもて〜」

言われた家来集が慌てて何を食べていたか探り

やっとの事で自分達も食べた事のない菊の花を殿様の御膳に

それを最初に一口 食べたお殿様が

「もってのほかじゃ〜」


それ以来「もってのほか」になったとか (^・^)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

続きを読む
posted by はやちゃん at 17:09| 山形 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 山形の観光やイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

前川ダム 減水の理由

 今日も朝一でバスフィッシングに行ってきました

やっと秋のパターンになったような感じで 

朝一で
スミスのFミノー パニッシュ7センチ (赤、金)

二本、続けて出たので いい感じと思うも束の間

テキサスリグやラバージグには当たりもなし?

イマイチ納得のいかない釣りでした!

釣りの途中で話をした人は 山形県鶴岡市から来たとのこと

鶴岡市は山形市に来るより秋田県の方が近い為

「鶴岡市からなら八郎潟の方が近いだろう」 

と自分が言うと

「来週、ここでバス・トーナメントがあるので下見に来たんです」

との事

今日、聞いたばかりの話だったのですが 

山形県上山市の前川ダムは、工事予定がありその為に水を抜いているとの事でした

今でもすごいスピードで減水しているのに

来週にバス・トーナメント?

100人以上は集まるとの話でしたが、減水の為 湖面の面積が半分もない現在

他人事ながらどうなるんでしょうかね〜

自分のホームグラウンドでも有る前川ダム

どの程度まで水を抜かれるのか、自分も心配なんですけどね?


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


続きを読む
posted by はやちゃん at 20:20| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

精神分析学&夢判断

精神分析学や夢判断と言われたら


精神分析学や夢判断のうみの親

心理学と言えば最初に思い浮かべるのが

フロイトではないでしょうか
 


フロイトはユダヤ人の両親をもち

チェコ共和国に生まれ 幼少時代に大変な迫害の元の暮らしだったそうです

その後 ドイツ〜ウイーン と二度の移住を経験

生涯の大半を過ごす事になったウイーンにて 夢判断や精神分析学を発表

そしてフロイトは

心を

無意識(自力では思い出せないもの)

前意識(努力すれば思い出せるもの)

そして意識の三つにわけ

性的な外傷体験は本人にとって都合が悪いものであるが故に、無意識の中に抑圧されている


と考え今の精神分析学の礎となりました


このフロイト


かなり酷いノイローゼや妄想と戦いながら精神分析学を発表

精神分析学や夢判断も自己体験からだったようです



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


続きを読む
posted by はやちゃん at 18:35| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ウルトラマン VS バルタン星人

ここ一ヶ月ほど 釣りに行っても良い釣果がありません

バスに限らず ヘラ釣りの人や鯉釣りの人ともよく話しをするのですが、みんな良い返事は有りません!

経験上、ヘラ釣りの人が釣れていない時は バスも駄目と言うのは分かっているのですが、

秋の一番良い時期に これだけ難しい釣りになっているのは初めての経験かも知れません!

「急激な減水の為だろうと」と皆さんが口をそろえて言います

山形県上山市前川ダム

前川ダム 2009.10.JPG


写真を撮った場所も平年なら水の底です!

ここまで減水したのは、自分の記憶では15〜16年ぶりでしょうか?

自分が行く 野池やダム

今年はみんなこの状態です! 

そんなに、雨が少なかったですかね?

それで、難しい釣りになっている為 

ルアー&タックルを見直そうといくつもあるタックルケースを開き眺めていたら

ありました!

ウルトラマン VS バルタン星人
ウルトラマンVSバルタン星人.JPG


面白がってこんなルアーも買っていたんです


「こんな物で釣れたら、面白いだろうな^^」 

自分のルアーフィッシングの原点を久しぶりに思い起こさせてくれる一品でした

エッ! これで釣れたかって・・・・

まだキャストした事もありません (^。^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


続きを読む
posted by はやちゃん at 19:17| 山形 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

置き手紙

数週間前になりますかね?

置き手紙がトラぶり 置き手紙に頼りきっている自分なので大変に困ったのは記憶に新しいです!

 あしあとを残すツールを複数 導入している自分ですが

置き手紙が自分は使いやすいですね!

何がって・・・・ 軽い!^^ 

自分のパソコン環境では軽いのが一番(笑)

訪問してくれた方を 一ヶ月前まで一覧票で出せますしね

他のサイトでも出せますが 重いんですよね〜(汗)

それに、直接訪問先に飛べるのも「置き手紙」だけではないでしょうか?

新しい機能も増えたし ワンクリック だけであしあとを残せる

置き手紙 おすすめですよ!

おきてがみ



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
続きを読む
タグ:置き手紙
posted by はやちゃん at 21:20| 山形 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

忍者、松尾芭蕉

松尾芭蕉と言えば 誰もが知っている俳聖ですが

忍者ではなかったか?と以前から唱える学者や研究者が多いんです!

有名な「奥の細道」 

学者達はこの旅が最も怪しいと考えているようなのです


山形県でも 最上川を眺め

五月雨を集めて早し最上川 


山形市山寺の立石寺では

閑さや岩にしみ入る蝉の声 


と、ふたつの有名な句を詠んでいます

旅の目的である宮城県の松島

けれど、松島には一泊しかしておらず しかも一句も詠んではいません

まず、これが不可解であると 第一の疑惑

第二の疑惑は 「奥の細道」の旅程がおそろしく早い事に有るようです

このときの松尾芭蕉は46才

しかし、常人ではとても歩けないような距離を歩いており

「忍者だけが知る裏道を歩いたのではないか」との説が浮かんでいます

そして、第三の疑惑

単純に松尾芭蕉が伊賀 上野(三重県)の生まれであった事です

この三つの疑惑から

松尾芭蕉は徳川幕府の公儀隠密であった

と考えている人が多いようです

松尾芭蕉 没後300年経った今

よほど有力な証拠でも出てこない限り 解明はできないでしょう

けれど、松尾芭蕉が風車の弥七のように飛び跳ねていたと想像したら楽しいですよね  (^・^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

続きを読む
posted by はやちゃん at 22:03| 山形 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

くどき上手

今日のブログのお供は 山形の地酒 山形県鶴岡市羽黒町の亀の井酒造


 くどき上手です。

当初、このくどき上手のネーミングが気に入り 呑み始めたお酒ですが

山形の地酒を試すなら 超おすすめの一品です

亀の井酒造 くどき上手

亀の井酒造 くどき上手.JPG

ほら貝を吹きながら、山の中を歩く修験者 「山伏」

「羽黒の山伏」で全国に知られた山伏の里 

その羽黒町のお酒です

香り豊かでこくがあり それでいて呑み口はスッキリ

山形の地酒を試してみたい方には、超おすすめの日本酒です!

華やかな香りをワインのような感じで味わってから少しずつ味わいながら呑んで欲しいお酒ですかね^^

食事にもあうと思うので 一度試してみては(^・^)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
続きを読む
posted by はやちゃん at 22:20| 山形 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お酒(主に山形の地酒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。