ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年01月30日

99歳の詩人

凄い人気で売り切れ続出の詩集が有ると
テレビで紹介されていたのを見たのが一月も前になるでしょうか

その詩集とは
「99歳の詩人」が書いたと言う柴田トヨさんの「くじけないで」です。

売り切れ続出の言葉どおりに、店頭では見ることがありませんでした
それが先日
店頭に数冊だけ置いてあったので手にとりページをめくりました

そこには


「返事」


風が 耳元で

「もうそろそろ

あの世に

行きましょう」

なんて 猫撫で声で

誘うのよ



だから 私



すぐに返事をしたの

「あと少し

こっちに居るわ

やり残した

事があるから」



風は

困った顔をして

すーっと帰って行った



最初に読んだ詩がこれでした

90歳を過ぎて詩を書き始めたと言う柴田トヨさんの詩集です
立ち読みでこのページを見た瞬間に

「99歳の粋」を感じて即購入です^^

機会があったら、また紹介したいと思います


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




【送料無料】くじけないで

【送料無料】くじけないで
価格:1,000円(税込、送料別)







 

posted by はやちゃん at 21:14| 山形 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

合体・・・それとも枝分かれ??

「合体・・・それとも、枝分かれ??」

合体それとも枝分かれ?.JPG

ラベル:合体
posted by はやちゃん at 22:44| 山形 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

素敵な安全靴

山形は、またまた雪が降り続いています
山形で一番の繁華街、山形市の七日町では道路上の雪はほとんどありません・・・・
なのにさほど離れてはいない我が家の周りにはたくさんの雪

ちょっとっした地形の違いなんでしょうかね?
自然って不思議です。

それはさておき、自分は現場から安全靴を履いたまま帰宅する事があります
その日も面倒だからと現場から安全靴を履いたまま我が家に帰りました・・・

しばらく経って、かなり天然の入った我が家の奥様が玄関で呟いています・・・・
「なにを・・・・?」
近くまで寄っって聞こえてきたのは





「素敵なブーツ・・・♡」






安全靴.JPG




それ安全靴ですから・・・・・

  (*^_^*)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ラベル:安全靴
posted by はやちゃん at 20:29| 山形 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

雪下ろし

「子供の頃の山形はもっともっと雪が降ったんだよ」とよく言っている自分ですが、今年は降りますね〜〜!!

山形県でも比較的に雪の少ない地方の我が家ですが、それでもこの通り

雪の壁.JPG

車庫から落ちた雪で、家の前に塀が出来ました(笑)
車の出し入れにもちょっと不便です・・・・
 (ーー;)
しかし雪国山形です、例年でも雪の多い地方は大変な事になっています
雪害で亡くなった方も時々ニュースで流れますし,怪我をなさった方など結構いるのではとの想像もつきます。
先日も山形県内のニュースで流れましたが、「月山」の登山口になる山形県西川町などは国道の両脇に2メーター以上の雪の壁が出来ているそうです

月山は例年でも道路わきに10メーター近い雪の壁が出来ると言うのに、例年だと1メータも積もらない所で既に2メーター以上・・・
 (ーー;)
月山はどんな事になっているのでしょうか・・・・
サクラマスを釣りに行く時は、月山越えが必須なんですよね〜〜

それで本題の我が家の雪下ろしです。
住居の方は家の中の暖房の熱とかで、下ろすほどの雪はないのですが、我が家にある八畳ほどの小屋が積もり放題の状態なんです。
まだ雪下ろしをしなくても大丈夫とは思うのですが、正月明けから毎日のように雪が降っていて
下ろせるときに下ろしておいたほうが安心ですので、雪下ろしをしました^^

以前、まだ小さかった息子に冗談で
「屋根に上って来て、手伝え」
と言った所
「高い所は平気なんだけど、ハシゴを登るのが怖いから嫌だ」
と断られ大笑いした事があります

その息子が
「親父、手伝おうか」
と自分から登ってきたので

「屋根の際には行くなよ、それと、あまり綺麗に雪を下ろすなよ」
と注意しました

と言うのは
屋根の際から雪が大きくはみ出ているのが普通です。
案の定、我が家の屋根からも

屋根からはみ出た雪.JPG

写真ではわかりづらかったので、赤線を引いた所です!!
30〜40センチははみ出ています、気付かずにここを踏みでもしたら・・・

雪景色の写真はホントにわかりづらいのですが、写真では屋根がそんなに高く見えません
しかし高いところでは4メータほどはあります。

赤線が引いてある所が高さが2メータ程、そして縦に伸びている黒い線に見えるのがお隣さんのフェンスの頭の部分でその左側が4メータ以上はあるんです。

しかし写真で見るとみんな同じ高さに見えて、同じ色だとこんな風に見えちゃうんですね
 (@_@;)

そしてこれも失敗写真・・・

雪下ろし後.JPG

雪下ろしをした後の屋根なのですが・・・
真ん中に少しだけ黒く見えてるのが、トタンです。

雪の厚みを伝えたかったのに、全然わかりません
 (ーー;)

これも、息子に伝えた一つ

「あまり綺麗に雪を下ろすな」
と・・・

綺麗に雪を下ろしちゃうと、トタン屋根が滑って危険なんです
それで、わざと少し残した状態で雪を下ろします
これを知らないと、綺麗におろして屋根の上がズルズル
動く事もままならず、最悪には転落にもつながります

これと同じ理由で、あまりに天気のよい日も、雪下ろしは控えたほうがいいんです。
屋根と雪の間が解け始め雪崩を起こす事があるので、天気のよい日も危険です。
本当は暖かい天気の好い日のほうが、作業はしやすいんですけどね^^

息子が屋根の上に登ったのを見て娘達も雪履きに出てきてくれました^^
ある程度、屋根の雪が片付いたので
「後はおとうさんがやるから」
(最後の方が危ないので) 息子を下に下ろし作業を続けていると下のほうから
「キャッキャ・キャッキャ」

雪履きをしているものと思っていた娘達と息子が雪合戦をしていました〜〜

  (ーー;)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ラベル:雪下ろし
posted by はやちゃん at 21:54| 山形 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

なんかな〜〜

民主党がもうグラグラ揺れまくっているようで・・・

世間では

「伊達は贈答 官は増税」

同じ直人でもこんな事を言われ始めているようです・・・・

そして最近、中学生の間で使われていると言う新語を聞きました!

それは、

「おまえ、なおってんじゃねえよ」

と、こんな使い方をしているようで

あえてひらがなで書きましたが

「お前、直ってんじゃねえよ」

漢字だとこうなります

オドオドしている奴を指して「直ってる」と使うらしいのですが
言わずと知れた、日本国の総理大臣の名前をもじって使っているようです!!

マスコミの影響もあるとは思いますが、子供たちにまで悪い意味で使われる・・・・
悪い意味で言葉に使われた総理大臣は他にもいるでしょうが

オドオドしていると言う意味で使われるとは・・・・
そんな総理大臣を持った国民とは、なんとも情けない、言い知れない気持ちになります


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


ラベル:民主党 新語
posted by はやちゃん at 22:41| 山形 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

納豆汁

今日の我が家は納豆汁でした!!
納豆汁は山形県の郷土料理としてよく知られています^^
作り方は
こんにゃく・大根・豆腐・油揚げ・芋がら(里芋の茎の乾物です)等を一センチほどの角切りにして、それに挽き割り納豆をすりつぶして味噌仕立てにしたお味噌汁です。

山形県では冬の食べ物として、我が家では寒い冬によく食べます

「我が家の納豆汁」

我が家の納豆汁.JPG

この出来た納豆汁にセリや三つ葉などをのせて食べるのですが、我が家では子供たちがセリや三つ葉を嫌うのでこのままです。
見た目どおりの素朴な味で、特に関西の方など心配なさるでしょうが納豆のにおいや粘りは熱を通す事で消えてしまいます。

冬の季語としても使われる納豆汁ですが山形県の郷土料理として有名ですが
秋田県や岩手県などでも食べられているようです
作り方が山形県とでは違うようで、納豆汁に使う具材や納豆の使い方が違うようなので山形の納豆汁とは微妙に違うようです。

少し納豆汁について調べてみたら、元々は江戸の町で作られ食べられ始めたようです
それが次第に江戸の町では消えうせて、周りに広がっては消え
最終的に東北の一部だけに残った食べ物のようです^^

寒い夜は素朴なこの納豆汁が温まるんですよ^^

納豆汁についてはこちら → 山形市観光協会 納豆汁」


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


posted by はやちゃん at 00:13| 山形 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 山形のグルメ・漬物等も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

つらら・・・そしてあれから

大寒に入り更に寒さを増している山形です
 (ーー;)
まあ大寒らしい話題をと(笑) 
以前、山形では冬になると何処の家にもたくさんのつららが出来ていました
しかし昨今、屋根に積雪が有ったとしても以前のようにはつららができなくなりました
住宅の進歩なのでしょうね!!
詳しい事は分かりませんが、雨樋が昔の住宅とは違うように思われるのですがそれ以外にも色々と工夫がされて入るのでしょうね^^

確かに冬の景観としてのつららは綺麗ですが実はかなり危ない代物でもあります
屋根にぶら下がっているだけですから、偶然通りかかったときにでも落ちたら・・・・
怪我だけではすまないかも知れません 
小さく見えても結構大きくなっている場合もあります

そんなつららですが、古い建物で雨樋がついていなかったりすると、たくさんのつららが出来ます

「つらら」

2011年1月21日.JPG

これは、たくさんついていますが大きさはそれ程ではありません
と言っても60センチ以上はありそうです

そして、場所によっては

つらら.JPG

写真では大きさが分かりませんが、ほとんどが一メータを超すような大きなつららです
こんな物が運悪く頭にでも落ちようものなら、重さもかなりの重量がありますし硬さも硬いですから、ただではすみません

積雪の多い今年は色々な所で大きなつららが見れます

最後はやはり娘の自転車です(笑)

あれから.JPG

写真では分かりにくいですが、隣の自転車と氷でつながりました(笑)

以前の自転車の写真は、こちら → 「あれから3日」


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



ラベル:つらら 大寒
posted by はやちゃん at 00:09| 山形 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

大雪・氷点下・・・それでも温暖化

先日は久しぶりに晴れ間が見えた山形です^^

2011年1月18日.JPG


しかし今朝からまた雪が降り出しました・・・・
先日までは気温も低く綺麗なパウダースノーが降っていたのですが
今日は重くて湿ったボタ雪です

氷点下の気温が長く続き湖も数年ぶりかで氷結した事でしょう
そうです!ワカサギ釣りの季節です^^

ところが、友人達に話を聞くとワカサギ釣りの有名な湖で氷結して氷の上にまで乗れる所はないと・・・・
氷点下が続き、こんなに寒いのに

やはり温暖化の影響らしいのです・・・

(ーー;)


山形大学で20年ほど前から蔵王山頂の雪を毎年この時季に採取して調べているそうです
蔵王山頂と言えば世界的にも珍しい樹氷がもっとも綺麗に育つ場所でもあり

そこは極寒の世界

標高もあり周りの影響を受けにくい雪を採取
その雪を調べた結果、20年前と比べると日増しにに酸性化しているそうです
そして採取した蔵王山頂の雪を溶かしてこしたものを調べると
炭素や硫黄が年々増加の傾向にあると・・・

それも濾した雪からと言うと少量のように感じられますが、濾した濾紙が真っ黒に変色する事さえあるらしいのです

これだけの大雪や氷点下の気温で温暖化の言葉すら忘れそうですが
やはり温暖化の影響が出ているようです!!

一人一人が

「環境に対して何が出来るか」を真剣に考えなくてはならない時がきているようです・・・

未来の子供たちに綺麗な自然を残したいんです。
自分が子供の頃に触れた自然を今から生まれ来るかも知れない孫やひ孫
またその子供たちに見せてやりたいんです

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




ラベル:温暖化 自然 環境
posted by はやちゃん at 22:25| 山形 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

真っ白

もう何年振りなのでしょうか?
雪が降り続いています!!
まるで自分が子供の頃の山形に戻ったような、雪の降り方
そして冷え込みです

綺麗なパウダースノーなのですが・・・^^

2011.1.17.JPG


道路も

2011年1月17日.JPG

そして屋根の上には

2011.1.17 屋根の雪.JPG

さすがに、雪下ろしか〜〜〜・・・・・

 (ーー;)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



posted by はやちゃん at 22:21| 山形 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

初孫 特別純米酒 魔斬 

おすすめの山形の日本酒です  (^。^)

「初孫 特別純米酒 魔斬」

初孫 魔斬.JPG

今回は「三百年の掟破り」と言う山形の日本酒を考えていたのですが、年の初めの縁起物と言うことで「初孫の魔斬」を紹介します。

最初に自分のお奨めの日本酒である事を付け加えて起きます
と言うのは
「初孫」のネーミングからお祝いに使われることの多いお酒です、それで決してお祝い事にだけ使う日本酒と勘違いされても困りますので
さらに「魔斬」の名から魔を払ってくれそうなので、年の始めには縁起が良いかなと

 (^。^)
※魔斬(まきり)とは?
山形県酒田市に伝わる、主に漁師などが使う切れ味の鋭い小刀です。
魔を斬ることから、魔除けの縁起物とされています。



容量 価格(税込)
1.8L 2,481円
720ml 1,244円


原料米・精米歩合 美山錦 55%
アルコール分 15.5
日本酒度 +8.0
酸度 1.5
飲み方 冷や、常温、ぬるめの燗


ラベルにも書いてあるように純米本辛口のお酒ですが、純米酒にありがちな辛口と言うだけのお酒ではないです。 スッキリとして呑み口のよいお酒です
香りのよい吟醸酒を好む自分ですが、
この「初孫 魔斬」は香りも薄いと言うより、香りの強いお酒を好む自分からすると吟醸香はほとんど感じられません
あっさりしているのかと言うと、それも違います。
口に含んだ時の味わいは、純米酒としては見事の一言ですかね^^

自分がこの「初孫 魔斬」にもつイメージは 「潔さ」
辛口で香りも薄く 呑口もスッキリ 
ただそれだけなら、他にも似たようなお酒はありますが 「初孫の魔斬」には味わいがあります
辛口のお酒ですが、口に含んだ時には甘味も感じられる味わいのあるお酒です
しかしそれは、口に余韻を残さないスッキリ感に潔さを感じます

それと、冷でも熱燗でも美味しく飲めるし このお酒の一番の特徴と思えるのは

「ほとんどの料理に合う」と思っています
口に残らないので料理に余計な邪魔をしないんですよね

酒席でこの「初孫 魔斬」をチョイスするような幹事がいたら「この幹事は知ってる」と思うことでしょう^^


初孫 純米本辛口 魔斬 1.8L

初孫 純米本辛口 魔斬 1.8L

価格:2,481円(税込、送料別)




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


posted by はやちゃん at 21:25| 山形 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | お酒(主に山形の地酒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。