ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年07月16日

またまた爆釣 花森湖 2011年7月13日

今日、7月16日・・・
世間は三連休へと突入かと思います
しかし、土曜、日曜、祭日は企業節電の対象外の日です

そんなんで本来あったはずの三連休 
自分の三連休はなくなりました・・・・・・
 
  (ーー;)

もっとも、土日祭日が勤務日となったので平日に釣りをできているわけでも有ります
それで水曜日が休日だったわけで 前日からウキウキと釣りへと行く予定を立てていました
予定としては蔵王にある「鴫の谷地沼」
朝早く出かければ観光客もいまいと思っていました・・・

そして翌朝

「朝焼け」

朝焼け.JPG

この時点で予定より少し遅れてしまいました!
出来れば暗いうちに着き、周りが白み始めた頃にはロッドを振っていたかったのですが
車へと乗車した時にはすでに周りが明るい・・・

この時間から、蔵王へと走ったのでは美味しい時間帯が過ぎるので 急遽予定変更して「花森湖」へと車を走らせました!

花森湖に着いたのがちょうど午前四時ぐらいでした
すでに回りはかなり明るい・・・・!!

いつもの駐車スペースへと車を進めると
「アレッ!!」
平日の早朝と言うのにすでに車が二台・・・・

フィールドを見渡すと4〜5人のバスアングラーとおぼしき人影
自分が入ろうとしたポイント全てに先客がいます!

仕方なしにいつもは入らないポイントへと向かいました!
しかし、最初のポイントではアタリすらありませんでした

先行している方達はどうやらグループのようで広いポイントに散らばってはいるのですが、大きな声で話をしながらの釣りです・・・

「せっかく早く着たのに わざわざプレッシャーをあげるようなことをしなくても・・・」
そんな事を思いながら、そしてそれも考慮に入れて新たなポイントを思案し始めました!

すると、一番入りたかったポイントにいる方が移動を始めたのでそちらへと向いました!

近くまで行くと 
「ポコン・・・ポコン・・・ポコン・・・・・」

ポッパーを曳いている音が聞こえます
バスフィッシングのつり方に間違いはないけれど、そして早朝にトップウオーターは有効です、しかし「ポッパー・・・!!」

  (ーー;)

自分が入ろうとしていた場所の方がポッパー専門・・・・
コレは、場所をずらした方が良いと判断しました
ポッパーは間違いではないですよ 一匹だけを獲りたいのなら
しかし早朝の一番美味しい時間帯には「ちょっとね〜〜」
ポップ音を出さないドッグウォークなんかの使い方が状況的には良かったと思うのだけど 
まあ人それぞれですから(笑)

歩きながら湖面を見ているとそこかしこでボイルが有ります
しかし先行していたグループの方たちにヒットした気配はありません
「荒らされちゃって今日は厳しいかな・・」
そんな思いがよぎりました

ふとそんな時、またもやボイルが・・
すぐにボイルのあったところにキャスト

「本日の一匹目〜〜」

一匹目.JPG 前回の釣行時にそのまま結んであった サミー85です。
小振りですが綺麗なブラックバスです^^
一匹目はトップで^^
先行していた方のトップ狙いは間違いではないんですよ
しかしルアーの扱い方に問題ありです。

ポッパーは圧倒的なアピール力が有ります
それをあえてアピール力を抑えた使い方をしていれば 釣れたんでしょうけどね〜!

しかし、この一匹でアタリすらもなくなりました!

「日の出も間近です・・・」

日の出まであと少し.JPG

さすがに焦りだし、このポイントに見切りをつけ移動を始めました!!

すると、一箇所だけ頻繁にボイルの起こる事に気付きました!
暫く眺めてはいたのですが、何故そこでボイルが起きるのか分かりませんでした!

とりあえずボイルが起きた時に サミー85をボイルの起こった所へキャスト
しかし、ルアーを追う気配すらありません・・・
コレだけボイルが起こるのに
「なんで〜〜??」


それで暫くキャストをしながら様子をみました
その間も足元を40センチ前後のブラックバスが泳ぎまわっています
しかしルアーへの反応はないのに時おりボイルが起こる????

「!!!!!!!!」
その時、気づきました^^
ボイルを起こしていた原因 \(^o^)/

すぐに、ルアー交換です!
それと、そのボイルが起こるのと似たような状況を作り出せばいいわけです!!

結果は

「この一本が始まりでした」

コレが始まりでした.JPG いきなり40アップです^^

そして

いいところにフッキング.JPG

はい、丸呑み.JPG

40センチ前後のブラックバスが入れ食いです^^

デカイ口.JPG


花森湖のブラックバスは何故かひきが良いんですよね〜〜
そしてこのとき 一体いつ以来になるのか

ラインブレーク!!!

  (ーー;)


ラインは4ポンドのフロロです。
以前には同じタックルで70センチ近い鯉を獲った事もある自分です

その当時に使っていたリールよりも性能はよく ロッドもその当時に使っていたものと同じアクションですが 古い当時のロッドとは比べ物になりませんし、何よりその頃はナイロンの4ポンドだったと思うんですよ! それがフロロの4ポンドが切られちゃいました・・・

  (ーー;)

この場所に壁のようになっているコンクリートが沈んでいるので最初は「擦れてやられたかな」
そう思ったんですが 結び目で切られていました!

自分が見つけたパターン・・・
ブラックバスだけでなく他の魚も寄っている可能性が大です。
多分大きな鯉だったのかもしれませんね!!

数えてはいなかったのですが パターンを見つけ釣れ始めてから一時間ほどで35〜40センチぐらいのブラックバスを10本以上は出したとおもいます^^

そのパターンは 自分で見つけてください^^
(写真にちょっとヒントがあるかな(笑))

最近の花森湖はいつ行っても釣り人が多くて・・・
自分がブログで書きすぎたかと少し後悔・・・
コレでまた人が増えるかのな〜〜〜

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 省エネ


posted by はやちゃん at 23:18| 山形 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

蔵王 鴫の谷地沼から

この日も蔵王が綺麗に映えていました
梅雨明けを告げるかのごとく 蔵王の山には大きな入道雲がかかっています

「蔵王を望む」

2011年7月13日 蔵王を望む.JPG
ガラス越し&携帯なのでコレが精一杯です・・・・


そしていつものように蔵王温泉へと足を運びました 
そしていつものように 蔵王温泉上湯(山形県山形市)へと
平日だからなのか自分ひとりだけの湯船です^^
写真を撮るチャンスでもあるけれど、何度も蔵王温泉は紹介しているので
「まあ、いいか〜〜」とゆったりと足を延ばしていました^^

一人のお父さんが入ってきました!
そして「新しくなったんだな〜」
言葉のアクセントから地元の人であることがわかったので
自分も気楽に「建て替えて半年ぐらいなるよ」
と教えたところ
「水車なんかもついたんだね」

  (ーー;)

 「水車なんてあった????」

場所を聞くと自分が入っている 蔵王温泉上湯の直ぐ裏にあったと????

お風呂から上がり 上湯の横を上がって直ぐ

「上湯の横を上に登ると」

蔵王 上湯から.JPG

あれは〜〜!!!

蔵王上湯の水車.JPG

水車・・・有りました(笑)

それこそ、月に一度以上は入っている蔵王温泉
しかも、数ある蔵王の日帰り温泉の中でも自分が好んではいる上湯の裏

 (@_@;)

余りにもいつも来ていたものだから、あえて観たい所もなし・・・
今まで全然気がつきませんでした(笑)

蔵王温泉にお寄りの方は、上湯の裏に 水車とベンチがありますよ〜〜!
夫婦やカップルで来られた方達は、ゆっくりベンチに座り 待つ事が出来ますよ^^

・・・・そんな物があるなんて今まで気付かず
自分が先に上がり待つ時は 上湯の正面にある旅館の石段に・・・
旅館の迷惑もかえりみず 腰を下ろしていた自分です(笑)
(同じようにしている方 結構いるんですよ)

今度からは水車の前でゆっくりと待つことにします(笑)

そして帰りに 本当は釣りに訪れるはずだった「鴫の谷地沼」へと足を運びました

「鴫の谷地沼」

蔵王 鴫の谷地沼.JPG

ちょっと光の加減が難しかったので 別の所を

蔵王鴫の谷地沼 西側.JPG

蔵王高原の中にある沼です
沼と言ってもかなり綺麗な透き通った水です^^
実はここで魚を釣った事はありません!
いることは知っていたので、近くに来たついでにちょっとだけキャストした事は有るのですが
その時は釣れませんでした!

しかし、この鴫の谷地沼は蔵王温泉にも近く
釣りの終わった後に直ぐに温泉へと浸かる事も可能です^^

但し、蔵王温泉からも近い綺麗な沼地です。
周りには遊歩道もあり観光客が歩いている姿も見えます!
(歩いた事がないので実際に見たわけではありませんが 水芭蕉をはじめ 高原の花々が数多く見られるそうです)

以前に寄ったときは、その状況で本気で釣りをする気になれなくて
数回だけ適当にキャストをしただけだったので、まあ釣れる訳もありませんでしたが^^

しかし、平日が休みの今回です
写真のように綺麗な風景 沼地の周りを歩くだけでも気持ち良さそう^^
そして疲れたら直ぐに 大好きな蔵王温泉が間近に有るんですよ!

大好きな釣りをして 大好きな野の花々を眺め
そして飽きたら大好きな温泉に浸かる


いいでしょう〜〜(笑)

そんなんですから、近いうちに「鴫の谷地沼での釣行記」ほぼ確定です(笑)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 砂漠化
posted by はやちゃん at 20:59| 山形 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

前川ダム 2011年7月8日

実は今日7月の13日は久しぶりの休みだったので 早朝から釣りに出かけていました!
けれど前回7月8日の釣行時の記事がまだなので前回の記事からアップします

またまた釣り(ブラックバスフィッシング)に興味のない方ごめんなさい
  m(__)m

この日の早朝は雨が降っており 釣りに出かけたのは普段なら会社へと出勤する時間帯
会社へと急ぐ車の渋滞の列で自分だけがジーンズにTシャツで釣り場へと向うのがなんとなく気まずいような(笑)
もっとも15%の企業節電で土曜、日曜と仕事をしていたんですよ!

車の渋滞を抜け前川ダムへと着きました
しかし、いつもなら平日でも道路上にたくさん駐車してある車がかなり少ない・・・!
もしかしたら、平日に釣りを出来る方達は雨の日にまで釣りをしなくてもいつでも出来る方達がほとんどなのかな〜
ふと頭の中をそんな思いがよぎりました

この日は曇り空

「前川ダム 2011年7月8日」

2011年7月8日 前川ダム.JPG

そして風です!!
曇り空の日のバスフィッシング!!

実はちょっと苦手です・・・

 (ーー;)

真夏のカンカン照りの日中とかよりも 自分としては苦手です!
釣りをする方なら 
「曇り空の日の釣りなら釣れるだろう!」
そう思われるでしょう〜

確かに曇り空の方が一般に魚は釣れると思います
しかシェードを好むブラックバス特有の訳が有ります

陽が照っていれば、ストラクチャーに着いており 更に太陽の方向からバスがストラクチャーのどの位置にいるか大体は想像がつきます!
しかし、曇り空の場合
湖の全てがシェードとなるので魚がいる場所を特定する条件が減ります

 ルアーを何処にキャストすればいいのか?

四方八方にメチャクチャに投げていたのでは、釣れる確立はグンと減ります
多分丸一日キャストしたとしても 一匹釣れるかどうか・・・

それも昔からのバスアングラーがよく使う言葉
「それは釣ったのではなく釣れた」

やはりバスフィッシングは考える釣りですから、自分の思い通りに釣れた方が気持ちもいいですしね^^

前川ダムなら満水状態で湖底が見えなくとも何処にストラクチャーがあるかを知っている自分です
しかし曇り空となるとストラクチャーについている可能性はかなり減ります

まあそれなりにバスを探す方法は有りますが、情報量としては少ない条件で探す事になります

この日はボイルもないし サーチベイトとした投げたルアー 
ペンシルベイトのサミー85 にも フローティングミノーのパニッシュにもアタリは有りませんでした!

これは基本どおりに行くしかないと判断
足元のストラクチャーを一つ一つ調べようかと・・・
とりあえずの一匹を釣れば その魚から情報は得られます

ハードルアーを好んで使う自分ですが、一応はバスアングラー こんな釣りもたまにはします

「ラバージグ トレーラーはゲーリーのグラブ」

ラバージグ トレーラにゲーリーグラブ.JPG

最近はトレーラーにシャッドやクローが多いようですが この日は用意していなかったのでオールマイテイなゲーリーグラブです。 
ラバージグは自分の手巻きです^^

何気にラバージグもハンドメイドするんです

 (^。^)
降り立った足元からひたすらにフリッピングやピッチングを駆使してストラクチャーを攻めます

足元のストラクチャー

前川ダム ストラクチャー.JPG

ここに大きな岩が沈んでいる事を自分は知っているのですが、この写真ではわからないので 偏光グラスを通して撮影してみました

「偏光グラス越しに同じポイントを」 

偏光」グラス越しに.JPG

これでわかるでしょうか?
小さな石に見えますが 直径が一メータ程の大きな石です

この石の前後左右とラバージグを落とし込んで探っていきます
自分の場合は、一回ずつ落とし込んでいきます

底まで沈めて ワンアクション
元気のいい奴がいれば、フォールしているうちに食ってきますので ネチッコク攻めることはしません

一度打ってアタリがなければドンドン移動します!
やっとアタリを見つけても続かないことも多々あるので、フォローベイトも用意しておきます
フォローにはその時々の判断で変えるので 「コレ」 と書くのは難しいのですが 自分の場合はノーシンカリグやスプリットショットリグが多く
それでもバイトがない場合はダウンショットやネコリグですかね

もっとも、どうしても一匹が欲しい時(ボウズだけは避けたいので(笑))ですが

そしてこの日も、どうしても一匹が欲しい時 (笑)
やっとアタリを見つけたけれど後が続かない

暫くたってからフォローベイトにスプリットショットリグをキャストしてやっと一匹目をキャッチです

「2011年7月8日 前川ダムにて」

2011年7月8日 前川ダムにて.JPG

この日はコレ一本だけ・・・
何とかボウズだけはまぬがれました(笑)
 (ーー;)




そして今朝 7月13日 結果から言えば 35〜40センチのブラックバスを10本は出したでしょうか^^

蔵王の鴫の谷地沼を予定していたのですが車に乗った途端の予定地変更
爆釣とまではいえなくとも、まあ入れ喰いでしたかね^^

それはまた次回と言うことで


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


Gremz ⇒ 省エネ
posted by はやちゃん at 18:44| 山形 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

月命日と団子

企業の節電対策にて平日の休みが増えたと喜んでいたら、何故かとても忙しく 瞬間電力量は下がるだろうが、月間消費電力はかなり上がるだろうと思っている今日この頃です。

先日には東北地方も梅雨明け宣言
なのに毎日の夕立&雷
雷が怖くてパソコンが開けず
ブログの更新どころか、ブログの訪問すらままならない状況です

  (ーー;)

ちょっと遅くなってはしまったけれど 8日

この日は自分の爺さん婆さんの月命日
夫婦揃って 月命日は同じ日なので 残された自分たちとしては楽なものです^^

仏前にお供えした 団子

月命日の団子.JPG


一番上が「ゴマ団子」 一番下が「みたらし団子」
ゴマ団子の下には小豆餡の団子が隠れています
そして山形県や宮城県以外では見たこともない人もいるかと思います

真ん中の黄緑色の団子

ヌタ団子です・・・・全国的にはわからないと思うので 仙台で言う ズンダ餡の団子

山形では(山形市周辺) ヌタ団子と言います

最近では仙台の「ズンダ」の影響で山形でも「ズンダ」と銘打ってある和菓子屋さんも増えましたが
山形では 「ヌタ」

自分的には山形県人なのに「ズンダ」といっている奴が許せないんですよね〜〜(笑)

ヌタの餡の作り方は 豆を打つが訛ってズンダとなった言われる仙台とは違います

材料は大豆ですが、大豆と言うより枝豆です!
枝豆として食べ頃の茹でた豆をすり鉢ですり潰します
(あまり丁寧ではなく大雑把にすりつぶします)

枝豆として食べても丁度美味しいぐらいの茹で加減です(笑)

そのすり潰した物に砂糖と塩で味付けしたものが「ヌタ」です。
醤油を隠し味程度にほんの少量入れる所もあるそうです
餡として使うので、結構甘めですが 小豆餡ほどの甘さですかね!

山形では生餅にもこのヌタ餡を使います
関西以南では見たこともない人が多いようで、あまりの色の綺麗さに気持ち悪がる方もおるようです
しかし一度食べた事の有る人は、リピーターとなる事が多いようです^^

東北の生まれでないうちの奥さんも 団子を買ってくると真っ先に「ヌタ団子」を選ぶほどです(笑)
自分が住む地方ではありませんが 山形の庄内地方では有名な「だだちゃ豆」も有りますし
山形は特異な枝豆文化が有るのかもしれませんね(笑)
以前「県民ショー」でやっていた 山形に有ると言う 枝豆の味噌汁・・・・
山形県人たる我が家でも一斉に「気持ちわる〜〜」とい言う反応でしたけれどね(笑)

本当は8日に行った前川ダム釣行の記事を書く予定だったのですが 爺さん婆さんの月命日の前置きが長くなったので 
「前川ダム」で検索してこられる方が非常に多いのですが、釣りの記事は次回に・・・・

 今日の夕立後の夕焼けが綺麗だったので

「夕焼けと虹」

2011年7月12日 夕焼け&虹.JPG

最近、テレビのCMでよく聞く「Jimi Hendrix」「Purple Haze 」若い頃よく聞いていたな〜

なので ジミヘンの「Purple Haze 」でも

 ↓↓ 





↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ リサイクル
posted by はやちゃん at 23:12| 山形 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

何処へ行ってきたの??

昨日今日と山形は猛暑日が続きました
空には「ぼくの夏休み」にでも出てきそうな入道雲・・・

「入道雲」

2011年7月10日.JPG

今日は山形で数回の地震も有ったようです!
日中はかなりの暑さになるも、山形といえどそこは東北
朝夕は涼しい風が吹いてくれます^^

気の早い虫たちの鳴き声も今日は聞こえてきます^^

「紫陽花」

紫陽花.JPG

突然に梅雨明けがきそうな気配に少し焦り気味!
「紫陽花」の写真が使えなくなりそうなので(笑)



そう言えば、あの時も今日のようなよい天気でした!

天気が良いので、釣り支度をはじめ釣り場へと車を走らせました・・・
何処の釣り場へ行くのかあてもなく走り始め
それに時間もお昼過ぎです。

「あまり遠くへは行けないな!」

自宅からわりと近く駐車に困らない所へと行き先を決めました
走っている途中
なんかお腹の調子が悪い・・・・
目的地とした釣り場は公園としても使われている所なので トイレもちゃんと有ります^^

真っ直ぐトイレに向かいました
そしてトイレからでて来たときに突然の雨!!!

さっきまで凄く良い天気だったので
「直ぐに止むだろう」
とたかをくくり車の中で待機
しかし一向に雨の止む気配はありません

あきらめて帰ることにして自宅へと車を走らせました!!

自宅へと帰った自分に 娘が一言

「何処へ行ってきたの??」






我が家の娘達は自分が一人で出かけるとよく行き先を訪ねてくるんです


なのでこう答えました!







   「 トイレ 」


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ カーボンオフセット
ラベル:トイレ 釣り
posted by はやちゃん at 21:51| 山形 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

2011年7月6日 前川ダム

またまた釣りの記事です・・・・(笑)
自分がもっとも得意とする、ホームグラウンド 前川ダムから(山形県上山市)

「前川ダムにて ブラックバス」

2011年7月6日 ブラックバス.JPG

この日も前川ダムは超の付く満水状態でした。

2011年7月6日 前川ダムにて」

超満水 2011年7月6日.JPG

例年通りの水位だと写真の水際の草から10メーター程 湖底が露出しているでしょうかね!!
現在は車の立ち入りが禁止されていますが 以前だとこの写真の辺りに車を停められました^^

しかし満水ならではの面白さも有ります

前川ダム 2011年7月6日.JPG

ブラックバスを狙うには絶好のシチュエーション^^
当然のようにここからは数匹のブラックバスをゲット!!

満水なので長靴を履いての釣行ですが、「本気モード」の時の自分は水の中に立ち入ることをしません!
「釣れるには釣れるわけが有ります」

前川ダムを初めて訪れたほとんどの方が

「釣れない〜〜 スレテル」
と口をそろえます(笑)

確かに有名フィールドにありがちで かなりスレテはいます(笑)
けれど、決して釣れない訳ではありません!

実はこの日はカンカン照り! しかも、お昼近くの時間でした!
それでも条件が揃えば

「最近の前川ダムではまあまあかな^^」 

2011年7月6日 前川ダムにて.JPG セオリーどおりにちゃんとでてきてくれます^^

実は、この写真の所に行くのにはブッシュの前を漕いで行くと直ぐの距離です!!
しかし「本気モード」の時は 長靴を履いていても 水の中に立ち入る事はなるべく避けます!

普通でさえプレッシャーが高い前川ダムです。
魚に余計なプレッシャーを与えたのでは釣れる魚も釣れなくなります

前川ダムの場合
一つのスポットから一匹だけ釣れるのがほとんどです。
「え〜〜?? 同じ所で粘って何匹か釣ったぞ〜〜」
そんな方もたくさんいるとは思いますが・・・・自分の言うのは

デカイ奴です!!

その一匹に自分の存在を知られたくないので、あえて遠回りをしてポイントに入ります!
まあ40センチ以下のブラックバスを相手にして バスアングラーを名乗りたいのなら
そんなに気を使わなくとも釣れると思いますよ(笑)

けれど前川ダムには

「60センチオーバーのブラックバスがいます」

何匹獲ったのかか忘れたほどの50センチオーバーのブラックバスを手にした自分ですが
60センチオーバーのブラックバスは数匹だけ!!

60センチオーバーのブラックバス、それは全て前川ダムでの釣果です。
釣り方やポイントは全て頭の中に入っていますが、それは自分で探してみてください!

只、60センチオーバーのブラックバス 釣り方やルアーがバラバラだった事
なので、誰にでもチャンスは有ると思いますよ!

長くなったけれど、言いたいのは そのチャンスを自ら逃している方が多数見受けられると!!
ブラックバスは本来は岸際に付いている魚です。
それは大きくなっても同じで

それを水の中をザブザブ漕いだのでは 一つのエリア全ての魚の緊張が一気に走る事は安易に想像できると思うのですが・・・

なるべく魚に気取られない釣りをしていると、この日はこんな事も有りました

「巨鯉 推定3尺ほど 」

前川ダムにて大鯉.JPG

巨大な白い鯉です それが目の前をゆったりと餌をついばみながら泳いでいます^^
1メーター程の目の前を泳いでいたので、気づかれないように 静かにコンデジを構え写真を数枚^^

もし水の中に入っていたら、絶対にこの巨鯉は姿を現すことさえなかったでしょう^^
そしてこの巨鯉に寄り添う魚影 
残念ながら写真には写っていなかったのですが、この鯉の半分以上の大きさがあるブラックバス

時おり 巨鯉の近くを泳いでいました!
この鯉が三尺 今風に90センチぐらいです!
それの半分以上ですよ 軽く50センチは超えていると思います^^

もっとも鯉が巨大すぎて小さく見えましたが(笑)

当然、狙いましたよ^^
サイトフィッシングですが・・・違うロッドに変えようと動けば絶対に逃げる

 (ーー;)

結局は逃げられたけれど(笑)

前川ダムのバスたちにこの日も存分に遊んでもらいました^^
やっぱ平日は釣りやすい^^

土日なら「本気モード」で釣りをする事すらありえないし・・・
攻めたい場所には常に人の影ですから・・
 (ーー;)


そして帰り道

「国道13号線から 蔵王山を望む」

前川ダム入り口から蔵王山を望む.JPG

前川ダムを背に 下りきった所が東北の主要国道 国道13号線です
その13号線の入り口となる信号から 蔵王山が見えます!!

信号の所の看板の上にゲレンデが二本 見えます!(写真をクリック 戻るで戻ってください)
それが上山市の坊平ゲレンデです

そして、向って左側 手前の山の上のほうにも幾つかのゲレンデが見えます
こちらが、山形市の蔵王温泉ゲレンデです^^

山形市と上山市の両方のゲレンデが見えるのは、多分ここだけかもしれません


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコアクション
posted by はやちゃん at 18:58| 山形 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

蔵王〜我が家まで・・・

本日二度目の更新です^^
ちょっと釣りの記事が続き・・・
更に次回も・・・既に前川ダム(山形県上山市)へと行ってきたし(汗)
釣りに興味のない方には面白くも何ともないと思うので(笑)

例の節電対策で平日に休みが来たものだから 釣りに行きまくっています(笑)
そしてこの日(下の記事)も午前中は釣り
そして昼から蔵王温泉へと行ってきました^^



少し前にも書きましたが仕事がらこの時季は汗疹に悩まされる自分です
蔵王温泉の硫黄泉が湿疹には有効なので 蔵王温泉へと車を時おり走らせます!
昔から蔵王温泉は皮膚関係の疾患に良いとされています


「蔵王温泉上湯」(山形県山形市)

蔵王温泉 上湯.JPG

平日なのでゆっくり浸かれると思いきや
温泉街には意外な人出がありました
しかし男性浴場には若い方が一人だけ^^
ノンビリと手足を伸ばしていたら不自然な光景が

 (ーー;)
浴場内に携帯電話と漫画の本を持ち込んでいます・・・?
確かに音は消しているし、通話をするわけでもないので迷惑ではないのですが

「温泉浴場内に携帯電話は不自然・・・」

 (ーー;)


それが今風なんですかね〜〜??
ノンビリ温泉に浸かり帰りの道路にて見つけました

「待宵草」かな?? 自信なし(笑)

待宵草.JPG

「待宵草」で思い出した


youtubeへ ⇒ 「小川マキ 宵待月」
山形県米沢市でのライブ〜

「待宵草」に「宵待月」 
ちょっと似ているので (笑)
大好きな曲で 特に 「風よ〜〜」からの歌詞からが大好きです^^
山形では 自分が大好きな日本酒「くどき上手」のCMとして有名なんですよ!

脱線したけれど

「ホタルブクロ」

蛍袋.JPG

これは色が白いので「ヤマホタルブクロ」と言うのが正解なんでしょうか?
当地では ほとんどこの白いホタルブクロです。

我が家でも初夏の花に入れ替わりました

「百合である事は確かだけど名前知らない(笑)」

我が家の百合だけど・・・.JPG

「瑠璃菊(ストケシア)」

瑠璃菊(ストケシア).JPG


Blueberryの実も膨らみ始めました^^

「ブルーベリー」

Blueberry.JPG

毎年、小鳥のおやつになるので 今年こそは・・・(笑)

そして、頂き物のサクランボ〜8Kgは有りそう〜

「サクランボ」

頂き物のサクランボ.JPG

サクランボ(佐藤錦)は終わりだからと こんなにたくさん およそ八キロぐらいは有るような・・・
さすがに多くてもらい物を更にお裾分けしました(笑)
ひめこさんに悪いかな・・・(笑)

youtubeへ ⇒ 「小川マキ 宵待月」
山形県米沢市でのライブ〜


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 Gremz ⇒ エコアクション

posted by はやちゃん at 20:46| 山形 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月4日 花森湖

7月4日・・・ハッキリ言って嫌いな日
思い出したくないことが思い出され、自分にとってはちょっとトラウマの残る嫌な日かな

それはさておき 7月に入って最初の平日に当たる休日が前回の記事の日です
平日で大雨後と言うのに多くの人がいたんです

そして7月4日 再度平日の休日!!
数日前の記事に書いたとおり メチャクチャな勤務日程です。

当然に行ってきましたよ バスフィッシング

それも前回に超満水だった花森湖!!
前川ダムは大雨の前から満水で水の減る気配のほとんどないところへあの大雨
一方、花森湖は結構早いスピードで水が減りつつあった事を確認していましたから、先に水位が下がるのは 花森湖だと思っていました!

「7月4日 花森湖」(山形県上山市)

花森湖 減水後 .JPG


これは前回の記事の写真と見比べてもらえればわかりますが
前回よりかなりの減水 写真のゴロタ石のある所から前回は多くのブラックバスを釣っています

それで今回も、ここから攻めることに

タックルはかなり迷ったのですが

「7月4日 花森湖でのバスタックル」

7月4日のタックル.JPG

前回からの稚魚を食べているパターン攻略で ロッドは四本 オカッパリでは多いです
だいぶ迷ってのロッドチョイスです。
いつもよりスピニングロッドを一本多く持っています
日が登ってからの稚魚だけを食べている バスの攻略ようです^^

朝一の一投目は 写真に写っているブッシュの際へ ハンドメイドのペンシルベイトです
そして二投目 更にブッシュの奥へとキャスト!!

トップウォータールアーの落としどころにピタッっと入りました
これはトップウォータールアーのセオリーどおりのアクションが有効

波紋が消えるのを待ちワンアクション(ドッグウォーク)

・・・・・出ません

「ナイスキャストにバイトなし!!」
頭をかすめるこの言葉(笑)

ワンアクションでアタリの無かったルアーをいつもの如くドッグウォーク
と次の瞬間 

    「 GO BO・・・・  」

「 40センチ ジャスト」

ジャスト 40センチ.JPG  最近トップウォーターでの釣りでばらしまくっていたので
重みがかかるのをゆっくりと待ち 重みがかかってから丁寧にあわせました!!

トップウォーターでバスが出たときのあわせ方です
水面にバスが飛び出すと反射的にあわせてしまうんですよね〜〜!
それだと、九割がたのBassは針にかかってはくれません

そこでトップウォーターでの釣りは 必ずロッドにバスの重みがかかってからゆっくりとあわせる!
これが大事です!!
わかってはいるのだけど、何か違う事を考えながらルアーを操っていると
不意に水面に出てきたバスに対処できなくて 何度逃がした事か・・・(ーー;)

トップウォータールアーを操る時は、水面で釣りをしている事を心がけないと痛い目にあいます(笑)

トップウォータールアーに出てきたのに、乗らないときも結構あります!
見ていると、この時点で ルアーを早巻きして戻していしまう方がいます

しかし、トップに出たときには慌てずに そのまま「ドッグウォーク」

一度で乗らなくとも 2度目、3度目でのる事もよく有ります!

ボイルを見つけたときだとしたら!!
そこへキャストするでしょ〜^^
一度目のバイトがボイルとすると

しかし、この場合ルアーはそこに有るのですから!
絶好のチャンスだと言う事は想像できるのでは^^

と長くなりましたが二投目で40センチをキャッチです^^

その後も数匹を釣るも陽が登るに釣れバイトが止まります

そこで、用意したスピニングタックルの出番です
前回に3インチのシャッドにだけは何とか釣れました
(プラッガーとしては不本意だけど・・・)

そこで、ちょっと試したい事がありました!
それは2インチシャッドの超デッドスローでのタダ引き・・・・

稚魚だけは食べているので、マッチザベイトです(笑)

結果は大当たり
30〜40センチクラスが面白いようにアタック!
けれど、問題が・・・・


これは〜〜〜.JPG

超の付くスモールルアーの使用です・・・
このサイズのブラックバスが20〜30匹は釣ったでしょうか
  (ーー;)

小バスどころか子バスです・・・

ちょっと味を占め、前川ダム(山形県上山市)でもこのタックルを使ってみました!!
結果は後ほどの記事で(笑)

しかし何とかこれをハードルアーで再現できないかな〜〜

デッドスローで引けるハードルアー・・・
作ってみるか〜〜^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコバッグ
posted by はやちゃん at 15:20| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ベイトフィネス

最近よく耳にする言葉 ベイトフィネスフィッシング・・・・
自分が思っていたのとはちょっと違っていました!!

この日、7月1日
7月に入り最初の日 平日ですが自分は休日でした

例の

「15%節電  違反した企業は 100万円以下の罰金」

これの影響です!
テレビでは 山形県知事の吉村 美栄子氏が
「山形県内の500Kw/h以上使用する大手企業380社が7月から9月10日まで15%の節電をおこないます」
と言っていました

「うちは大手企業じゃあ ないのに・・・」

 (ーー;)

そうです15%節電の影響で、勤務状況がガラリと一変
7月一日は金曜日なのに休日となりました! 

平日に釣りに行けるのなんて久しぶりと
ブラックバス・フィッシングに思いをはせながら早めに就寝!
とは思うものの実際には結構な時間(笑)

目覚まし時計を使うことなく ほとんど思った時間には起きる事ができる自分です
目覚まし時計をセットすることなく就寝

まだ暗いうちにウツラウツラと・・・・・

 (ーー;)  雨 !!!
雨では仕方なしもう少し寝るか!と思うこと数回

雨が上がった頃には、かなり陽が高く上っていました!
それでも平日に釣りに行けると 車を走らせました^^

最近は雨が上がっても蔵王の山はスッポリと雲に隠れ その姿を現しません
この季節は仕事柄、汗疹に悩ませられる自分 
皮膚病に非常に高い効能が有る蔵王温泉へと通う事を欠かせない自分!!
蔵王の御山の状態が気になり横目でチラチラと見つめながらの移動です(笑)

先日に見た前川ダムでは難しい釣りになる事が予想されるので目指すは花森湖です
花森湖への横道を入りすぐに異変

花森湖 西側ダムサイト.JPG

この写真! 川ではありません 道路です

わが愛車 マツダ・トリビュートならこのぐらいは平気なのですが
ちょっと嫌な予感もしましたので、ダムサイトには行かずに 西側にあるシャロー
浅瀬の水が出ても危険でないエリアを選びました!

しかしそこも

花森湖 超満水.JPG

平常時の満水なら、このブッシュの手前を歩けるのですが・・・
「どう攻めようか?」
と考えながら移動を始めると あっちこっちでボイル!!!
更には、このブッシュの中にかなりの数の大きな魚影!!!

それと、昨夜の雨の影響で薄っすらと濁りが入っています!
普通なら超クリアーなこの湖に濁りが入り 魚の活性が一気に上がったのかもしれません^^

時間的には陽が上りすぎてはいます
しかし、迷うことなくペンシルベイトをチョイス

自作の「ハンドメイドペンシル 7.5センチ」です
予感的中です^^
ペンシルの後ろに魚影が・・・・

「うん? ちっちゃ〜〜」

小バスが群れでペンシルの後ろに・・・・
 (ーー;)

さっきのデカイ魚影は・・・と探すと

どうやら魚影の正体は 鯉
結構な数の鯉がブッシュの中に入っているようです!!

当然にデカいブラックバスもこの中にいるはずです。
普通デカいやつは、一番いい場所にいます。

もしくは ブッシュの一番多い所からポツンと離れたストラクチャー

まずは、核心を攻めるより散らさぬように周りから行こうかと離れたブッシュの周りをミノーで攻めるもアタリが無い??
バスのボイルは数多くあるのに??

試しにと、スピニングタックルへとセットしてあった、3インチのノーシンカー リングシャッド

ボイルの真ん中へキャスト!!!

DSCF0752.JPG


「ちっちぇ〜〜〜」

正体はこれか〜〜

それならどうすると考えながらもロッドをしならせるのは


DSCF0751.JPG

いくつでも出てくる・・・・

(*^_^*) 結構おもしろいかも(笑)

周りをほとんど攻めたので 核心へと
ベイトロッドに持ち替え ハードルアーでは探れない ブッシュの奥へクローをノーシンカーでピッチング

しかし、アタリらしいアタリがこれといって無し

実はベイトロッドで軽いルアーをキャスト

これがベイトフィネスだそうです。

バスワールドに付いてきたDVD
沢村幸弘 バスプロによる ベイトフィネスのDVD でした。

実はベイトフィネスと始めて聞いたときに思ったこと
「スピニングロッドでのセコ釣りを ベイトロッドでやる」
それがベイトフィネスだと思っていました

しかし 沢村幸弘プロの釣りを見ていて思ったこと・・・

「なんだ〜!昔からやってきたことじゃん」

「ベイトフィネス」自分たち世代のバスアングラーなら昔からやってきた釣り それを今風な名前にしたのが ベイトフィネス(笑)

最初からスピニングタックルを持った世代の方には新しいテクニックかもしれないけれど

「バスフィッシングはベイトロッドでやるもの」

そう信じ込みバスフィッシングを始めた自分たち世代は 7センチ程度の軽いフローティングミノーさえもベイトロッドで投げていたのですから
 今更軽いルアーをベイトロッドで投げる釣りの事と言われても新しいテクニックでもなんでもなし

時にはバルサ製のラパラのフローティングミノーさえもベイトロッドでキャスト
しかも、古いベイトリール
現代の洗練されたベイトリールとは訳が違います!

シマノ・バンタム100.JPG

 「シマノ・バンタム100 マグキャスト」

シマノがベイトリールを始めて作った頃のリールです。
これはシマノの二期モデルで当時は始めてのマグキャストモデルだったと思います

今も現役です(笑) ^^

このベイトリールにシングルハンドのトップウォーターロッド
これで軽いフローティングミノーから 重めのラバージグ
更にはバイブレーションルアーから ディープクランクまで

そして当然 トップウォータールアーそしてノーシンカーのグラブ等と全てのルアーを投げていたのですから

今更ベイトフィネスと言われても・・・・
DVDから学ぶ新しい事は何も無く・・・・
ちょっとがっかりのDVDでした・・・・

最後に満水状態のダムサイトは非常に危険です

この日も 警察やダム管理事務所の方が警戒に当たっていました
なかには警察の方と口論しているやからも・・・!
 (ーー;)

あくまで釣りは遊び 常識で考えて釣りを楽しみ危険と思われる所には立ち入らない
常識で考えてです!
「自分だけは大丈夫」なんてのは通用しません!

これを守れない方は ダム等での釣りをする資格が無いと思ってください
警察の方や管理事務所の方に注意されるような方が増えれば 釣り自体ができなくなる事さえある事を覚えておいて下さい

ルールを守り真面目に釣りを楽しむ方の迷惑になります

再度繰り返しますが

これを守れない方は 「ダム等での釣りをする資格が無い」自分はそう思います!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


Gremz ⇒ 絶滅動物
posted by はやちゃん at 21:44| 山形 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

ニイニイゼミに思う

昨日の夕方、そして今朝とニイニイゼミの鳴き声を聞きました
山形の初夏に一番早く鳴き始めるのがニイニイゼミです

松尾芭蕉が山形の地 「山寺」(山形市) を訪れて詠んだ

 しずけさや
 
  いわにしみいる
 
    せみのこえ


この鳴き声の主がニイニイゼミだと言われています
山形にはニイニイゼミが多く梅雨が明ける今頃の時季に

  「チィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

蝉にしては小さな優しい声で鳴き始めます

もっとも、この句の蝉がアブラゼミやミンミンゼミだとしたら


それはうるさくて 「しずけさや いわにしみいる せみのこえ」  とは詠まないでしょう〜(笑)
まして当地には生息していませんが クマゼミなどだったら論外(笑)
ヒグラシやツクツクホウシなども山形には生息していますが季節的には間違いなく「ニイニイゼミ」だと思われます

この後だったのか先だったのかは忘れてしまいましたが 同じ山形の母なる川 「最上川」(村山市と記憶しています)を詠んだ

  さみだれや

   ながれをあつめてはやし

    もがみがわ


この句には、しっかりと五月雨と入ってますし 旧暦の五月でしょうから
梅雨の頃に山形に入った事は安易に想像できます^^

山形の母なる川 最上川  

吾妻山系 飯豊山系  蔵王山系  月山を含む「出羽三山」からの流れを集めて普段は流れているのかさえわからない悠々と流れる川です!

それがかなり速い流れが有ったと言うのですから 

山形に入り留まったのは梅雨の時期から初夏にかけてだと思います

ニイニイゼミが山形で鳴き始めました・・・・

東北の地に有ってもひときわ暑いと言われる 山形の夏が本番を迎えようとしています

※ ニイニイゼミを知らない方が多いようなので

  ⇒ 「ニイニイゼミ」



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 京都議定書
posted by はやちゃん at 06:45| 山形 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。