ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年08月31日

前川ダム 2011.8.26 (山形県上山市)

気がつけば・・・・
もう九月!!! 

平日釣り三昧の日々もあと少し・・・
(ーー;)

思い起こせば6月の終わりに「企業節電の為に土日は休日なし」と発表され
周りの者が

「エ〜〜〜〜〜」

  (ーー;)


とうなだれる中で自分だけ

「平日に釣りができるぞ〜〜」

  \(^o^)/


と喜んでいたのに、それも残りわずか・・・・・

もっとも、これほどに釣り三昧だった日々は始めて
楽しかった〜〜^^

ブログの更新すらおろそかに釣りまくっていました〜〜(笑)
おかげで 顔なんかは逆サングラス状態(笑)

仕事の時は仕事用の眼鏡と帽子があるので何とか助かっていますが、買い物などは帽子を手放せません・・・(笑)
元々、肌の色が白い方なので、大変なんですよ〜〜!!

まだまだ暑いですけれど、季節は既に秋の気配・・・

「すすき」

秋の気配.JPG

ススキが穂・・・? 花・・?をつけました^^
この日の前川ダム(山形県上山市)は秋晴れ^^
気温もかなり高かったように思います。

「秋晴れの前川ダム」

秋晴れ.JPG

湖面に映りこんだ青い空がとっても綺麗でした^^
・・・但し、かなり暑かったですけどね(笑)

そして、かなり速い速度でダムが放流をしているようで、凄い勢いで水位が下がり始めています!
この日もポイントを何箇所か回って、何本かのブラックバスをしとめてきました!

そして、お昼ちかくに
「今日はこれで最後かな〜」
などと思いつつやってきたのが

前川ダムの南側の休憩所&駐車場ですかね??
そこの下側です
熊野ワンドと流れ込みの間にあるワンドです。

南側駐車場下.JPG

放水の影響で今まで攻めていた所が陸上になり新たなポイントが出現!
ボートは全面禁止の前川ダムですので、新たなポイントの出現は、水位が下がるまでの暫くの間に誰からも責められたことのないポイントの可能性もあります^^
「どうポイントを攻めようか?」
とワクワクさせてくれます^^

右側にきついリリーパッドがあり左側にはウイードが見えています
そして、自分がフルキャストしてギリギリぐらいの所にブレークが有る事を経験上知っています^^
超のつく一級ポイントの出現です!!

とりあえずはりリーパッドのスポットを探して打っていきます
使うルアーは「ラバージグ!トレーラーは6インチグラブ」
ベイトタックルに14ポンドライン(フロロカーボン)通常のリリーパッドなら大丈夫でしょう!
ロッドはダブルハンドのミデアムへヴィーです。
※ 前川ダムのリリーパッドはヒシモなので 細いラインでは絶対無理です

ウイードは アナカリスが多いのでわりと簡単に千切れるのでラインにそれほどこだわる事もなく ウイードはセンコーの4インチ ノーシンカーにてせめてみました!

時間的にトップは無理とふんだのでラバージグによるスポット打ちから始めました!

「ちょっと小振りですが 久しぶりにラバージグでとった一匹なので」

久しぶりのラバージグにて.JPG

そしてある程度リリーパッドを攻め ウイードです!
今年の前川ダムは、ウイード絡みで釣れる事がほとんどなので期待がもてます^^

案の定、出るわ出るわ  (爆)

このウイードの回りだけでかなりのブラックバスを手にしました!
サイズは30センチ〜30センチ台後半と小振りなブラックバスでしたが、今までとどかないポイントに自分が始めて入ったのかも知れませんね^^

家に帰り写真を見たら、この場所だけで二桁台のブラックバスを手にしていました^^

「その中の一枚」

水面を見て.JPG

一番でかそうなブラックバスの写真をと選んでいたのですが・・・

この写真の水面を見てください!!

青空が写りこんで綺麗でしょ〜^^



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Gremz ⇒ 京都議定書
posted by はやちゃん at 15:23| 山形 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

クズ・・・・・

凄くよい香りにつられ後ろを振り返ると

前川ダムにて くずの花.JPG


「葛の花」です

たくさんの葛の花が咲いていました^^
場所は山形県上山市前川ダム

そう!
いつものように釣りに行った時の写真です(笑)

昔は くず粉は 葛の根から 片栗粉は カタクリの球根から採っていました
量は少なく商売にならない為に現在は 片栗粉や葛粉のネーミングで売ってはいても原材料を見ればほとんどがジャガイモデンプンですね!

現在では高級和菓子などに本物の葛粉が使われて入るようですが 本物の葛粉を採っている方は もうごく一部の人なのかもしれません・・・

自分が子供の頃に熱を出した時などに、お袋が葛湯を作ってくれました^^
当時は本物の葛粉でジャガイモデンプンから比べると、もっと透明な葛湯だったように思うのですが・・・
何せ子供の頃の記憶・・・・・

余り定かではありません・・・昔の事なので美化されているかも(笑)

ちなみに「ワラビ餅の素」などと売っている粉
あれも原材料を見るとジャガイモデンプン
本物のワラビ粉は ワラビの根からとるデンプンがワラビ粉なんですけどね・・・
これも本物のワラビ粉はほとんどないんでしょうね・・・

この葛 凄い生命力があり葛が茂り出すと一面を覆うほどに成長します
昔は牛や豚を飼っている農家がこの葛を刈って餌としてあげていたのですが
現在は牛や豚を飼う農家も少なく 葛の葉は何処に行っても延び放題のようです。

「釣り場に向う途中の自然に出来た樹木のトンネル」

自然のトンネル.JPG

この樹木に絡んでいるのも葛の葉です。
ここには前述のワラビが大きくなった葉やゼンマイが大きく育った物などが生えており春先にはここで山菜採りが出来る事がわかります^^
実際にここには「山菜の王者」とまで呼ばれる「ととき」や「ワラビ」「ゼンマイ」「タラの芽」などが自生しています 初春には「ふきのとう」も芽吹き危ない思いをせずに山菜採りが出来る場所でもあるのですが・・・

詳しく書いちゃうと・・・・
毎年楽しみにしている方もいると思いますので 「樹木のトンネル」を目印に探してみてください(笑)

そしてここを通り過ぎると、また別の花が

前川ダムにて 2.JPG

名前は知りませんがこれもいい香りを放っていました^^

そして今が見頃

前川ダムにて.JPG

「ナデシコ」です

ナデシコ・・山形では今が見頃のようで たくさんのナデシコが咲き誇っていました

テレビの中でも「ナデシコ」は大流行のようですけどね^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 地球温暖化
ラベル:葛の花 ナデシコ
posted by はやちゃん at 21:56| 山形 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 動・植物・昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花森湖 沈黙・・ 2011.8.18

この時はかなり寒かったんです
花森湖には
「もしかしたら自分がブログで書きすぎた?」
と、疑いたくなるような混雑・・・

 (ーー;)

去年までの静かなイメージの花森湖とはちょっと状況が違っています・・・
自分的には、少しぐらい人が来ようが花森湖の攻略は難しいかな?
そう思っているので、さほどではないのですが入りたい所に入れない状況はちょっと困り物です

この日も同じでした。
同じように見える護岸壁ですが、魚のつく所が何箇所か有ります
しかし、そこには知ってか知らずか先行者がおります。

もし自分なら同じ所に長くとどまる事を余りしないのですが 花森湖に来る方は同じ所をいつまでも攻めている方が多いです!
まあ、次のポイントが定まらないからとは思うのですが(笑)

しかしこの日は今までのルアーローテンションではアタリが全くありません!

[魚が移動した?]
しかし、目の前ではブラックバスと思われるボイルが結構おこります・・・

ボイル打ちにも喰ってこない・・・・他では余りない花森湖だけの独特な状態ではあるんですよ!

たぶんにベイトが違うんだと思うのですが・・・
ベイトのサイズがかなり小さいから・・・自分はそう結論付けています!

攻略法も見つけたのですが、自分的には面白くない釣りなのであえてしません(笑)

知りたい方は花森湖の以前の記事に記して有りますが、・・・・
まあ探してみてください(笑)

今までと少し違っているのは、前回に訪れた時よりかなりの減水
それに濁りが入っています!
それと、寒いです。

さらに、ボイルの起こる場所
湖のかなり奥 真ん中あたりでボイルがおこります・・・・

これはベイトフィッシュに付いているブラックバスなんでしょうね!
問題はベイトフィッシュのサイズなんですよ・・・

多分花森湖のブラックバスは秋のパターンへと移行した
そう思わざるを得ない状況でした

それならと、
チョイスしたのは「スミス パニッシュ 85F」
いつもは7センチサイズのミノーを使用するのですがこの時のルアーは 8・5センチ

自作のミノーが9cmなのですが パニッシュ85F の方が飛距離が稼げる
理由はこれだけです(笑)

湖の奥に向ってロングキャストをしながら少しずつ移動して元気のよいブラックバスを探す

手段はこれだけです(笑)

途中、すれ違うアングラーに
「こんにちは! どうですか?」
と声をかけるも
声をそろえた様に「当たりすらもありません・・・」
  (ーー;)

ほとんどのアングラーが使用しているのは フィネスリグ・・・
自分も今まで良かったポイントでノーシンカーの投入で様子を見ましたが
まったくアタリはありませんでした!

秋のパターン
秋といえばハードベイトです^^
大好きなんですよ!秋の釣りが(笑)

秋の釣り方には少し早いとは思うけれど 

「曳いては投げる 投げては曳く」

この繰り返しだけです
ただ自分の場合は少しずつ移動しています

ミノーの超ロングキャストに変えてすぐでした!
着水と同時にアタリ

この日初めてのアタリでしたが ブラックバスの姿を見ることもなくバラしてしまいました!

が数投目でまたもやブラックバスの手応え^^

・・・・がこれもバラシ 
 (ーー;)

これは派手なジャンプ&エラ洗いで回りの他人の視線がこちらを向いているときにバラシ
これ、結構恥ずかしいです・・・

タックルの問題かな〜とは思うけれどそれに見合った腕がなかったと(笑)
タックルはミデアムロッドにPEラインの直結び
ショックリーダーは使っていません

巻物系ハードベイトでは、ロッドアクションを確実に伝えたいのと、小さなアタリもとりたいので硬いロッドに伸びないラインの組み合わせです。
このタックルの組み合わせをする人は少ないのではと思います。

しかし、このタックルを使うと それまでにどれだけのアタリを気付かなかったかが凄い分かります!

しかし、伸びないラインにしならない竿の組み合わせは急激に魚のバラシを増やします!
なのでなるべく魚をジャンプさせないようにあしらうかが大切なんだけど・・・

超ロングキャストに水に入った瞬間のバイト
これは難しかったです・・・・
これ以降も連続で何回バラシたのだろう?

魚に嫌われてしまったようでした!
そしてやっと獲ったのがこれ


やっと・・.JPG

ちっちゃいですけれど パニッシュに果敢にアタックしてくれました^^

途中で面白い事を言うおじさんに会いました!
最初に自分が声をかけたのですが、すぐにポイント移動をしたのでその時は二言三言でしたが
奥の方に行き、帰ってきたようです
「どうでしたか?」
と話しかけると
「ブルーギルのアタリばっかりで」
と言うので
「ここ(花森湖)にはブルーギルはいないよ」
とかえすと
「奥の方に泳いでいた」
そう言うのです

しかし自分は一度も「ブルーギル」を花森湖では確認していません!
「子バスを見間違えたのでは」
とも言ったのですが
「確かにブルーギルだった」と・・・

もし花森湖でブルーギルを見たと言う方がいれば ご一報ください
 m(__)m



あれから一週間ほど経っているので花森湖の様子がどうなったのか、少しは気になっているのですがまたの機会にでも^^
なんせ前川ダムの方が釣れまくっているので・・・(笑)


しかしこの日は珍しく遅くまで釣りをしていたんです!!
帰る頃にはすっかり日も落ちて


夕暮れ.JPG

コオロギや秋の虫の虫の音が静けさの中にこだましていました^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



posted by はやちゃん at 13:05| 山形 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

本当にドライカレーですか?

自分がよく訪問するmanaさんのブログで有る事を思い出しました!

manaさんのブログは



** M☆M House’s Kitchen **



manaさんのブログにはmanaさんの作った美味しそうな「ドライカレー」の写真が有りました・・・・

そして、その時に昔の思い出がよみがえりました・・・・

場所は東京・・・けれど、何処だったのかは思い出せずに
その時の思い出だけがよみがえります

もう30年ちょっとは経ったでしょうか・・・・

今でこそ誰もが知っている「ドライカレー」
けれど当時はまだ知っている人も少なかったんです

自分もその一人でした
有るレストランのメニューの一覧に当時はまだ余り知られていない「ドライカレー」がありました

自分は気にも留めなかったのですが、一緒にいた先輩が「ドライカレー」を注文

しかし、この先輩も「ドライカレー」がどんな食べ物なのかを、まだ知りませんでした

この先輩「ドライカレー」のネーミングから「冷たいカレー」を想像していたと後から聞きました

そして注文の「ドライカレー」がきました
皆さんのよく知る、普通の「ドライカレー」です。

しかしこの先輩
ウェーターが持ってきた「ドライカレー」が想像していた「ドライカレー」と余りに違います

そこで・・・・

「これ・・・・

本当に「ドライカレー」ですか ???

(ーー;)



聞かれたウェーターは














「・・・・・・・・??


ちょっと・・・・

聞いてきまっす・・・・」

(@_@;)



ドライカレーがまだそんなに普及していない頃の話でした
この時に自分も始めて「ドライカレー」を知ったんです^^

ちなみに「ドリア」についての面白い話も有るのでそれはまたの機会に

(^。^)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Gremz ⇒ 酸性雨
posted by はやちゃん at 16:56| 山形 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

前川ダムのポイント 駐車場下 

前川ダムのポイント紹介です 2011年8月12日の釣行です

この日から10日余り過ぎていますが、事体は一変
この釣行時はものすごい暑さだったのですが、10日たった今
山形は涼しいを通り越して寒いぐらいです

数日前に花森湖を訪れたのですが、ブラックバスの動きがだいぶ変わっていました!
秋のパターンに入ったのかも知れません!!
あと2〜3度ほど釣りに行けば状況も読めると思うのですが・・・

花森湖は渓流域に有るので、ブラックバスの動きも他の湖よりは早いとは思うのですが、もしかしたら前川ダムでも既にこの釣行時でのパターンとは変わっているかも知れません!!

それと、「当たりルアー」で検索される方が非常に多いので

「自分にとっての当たりルアー」

当たりルアー.JPG


自分の当たりルアー・・・それは自作のミノーです
なので店には売っていません(笑)

他にも当たりルアーはたくさん有るんですよ!!
しかし、当たりルアーと言うのは季節によっても違うし 天候によっても違う

前日の爆釣ルアーが翌日には当たりすらない

よくあることです。

なのでこれが当たりルアーであるとは一概に言えないし
逆を言えば「条件さえ合えば、どんなルアーでも当たりルアーになりうる」
そう言う事だと自分は思っています!

写真のミノーは一年中使っているので、季節も関係なしには釣れています
しかし、このルアーに関しても
もしかしたら自分が使っているからであって 
違う方がこのルアーを使ったら 全然釣れないどころかまともに泳ぎもしないかもしれませんよ!

何せハンドメイド、かなり癖があるので・・・(笑)

どうしても一度ぐらいは使ってみたいと言う方がいらしたら
このミノーのベースはHMKL(ハンクル)です。
HMKL(ハンクル)のハンドメイドミノーはとても高価ですし、買おうとしてもなかなか手に入らない現状ですが HMKLの K−1 (プラスチックモデル)がほとんど同じ動きで同じサイズです・・・

と言うか、HMKLがお手本の自作ミノーなので、自分のルアーの動きがHMKLに似ているが正解ですけどね(笑)


そして本題の駐車場下のポイントです

「前川ダム 駐車場下 (ダムサイト)」

前川ダム 駐車場下 (ダムサイト).JPG

写真の真ん中・上部に写るのが駐車場にある休憩所です

ここは意外と真面目に攻めているアングラーが少ないようですが 自分としては超のつく一級ポイントです
長いルアーフィッシング歴で自己最高記録の「65センチのブラックバス」はここでとりました!
ずいぶん前の話ですがその時には針にかかったブラックバスの隣に同じサイズのブラックバスがもう一匹泳いでいたのを今でも覚えています!

ブルーギルが放されてからは 当時のようなでかいブラックバスが少なくなったようですけどね・・・
ほんとにブルーギルを誰が何のために放したのかを知りたいですよ!!
文句の一つも言ってやりたいし・・・

 なんとなく犯人は全国チェーンの某釣具販売店ではないかとひそかに思っているんですけどね
ブルーギルが放された同時期にスモールマウスバスもゲリラ放流されていて、個人では無理だし!
あそこは前科が有るようだし かなり疑っています(笑)

話がずれちゃったけど、駐車場下のこのポイントは バスアングラーにとっては腕の見せ所でも有ると思いますよ!

と言うのはこのエリアには カバーがあり ブレークが有り
そしてシャローが有り、岬有りです

しかもダムの護岸が ロックダムなので大きな岩だらけ
遠投すれば反対岸から何とか届く距離!

岬から続くシャローには少ないけれどウイードもあります!
始めて訪れた人は、見た感じからスルーしてしまうポイントかもしれませんが
底を丁寧に探った事がある方ならかなり複雑な地形に成っている事を知っていると思います!

丁寧に探れば、このエリアだけでも「ラバージグによる落とし込み」でカバーを打ち
トップウォータプラグ&クランクベイト等でシャローを探り
ミノー&ヴァイブレーションプラグで 護岸を探り
そしてフォローで岬周りからシャローをテキサスリグやノーシンカ

更にブレークをデープダイバーやシャッドプラグで攻める

ここだけでもかなりのバリエーションで攻められると思いますよ

とりあえず岬周りから

前川ダムにて 2011.8.12.JPG


自分的には好きなポイントです
但し、ヘラ釣りの人が入っていることも多々有りますので、
静のヘラ釣りの隣で動のルアーフィッシング
これは避けたいと思いませんか!

楽しく釣りたいのならヘラ釣りのいる所は避けるようにしたほうがお互いに嫌な思いをしなくてすむと思いますよ!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコマーク
posted by はやちゃん at 20:36| 山形 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

なんでこんな所に? そして蔵王のヒマワリ

今朝の山形は庄内地方(山形県日本海側)が豪雨の影響で土砂崩れや川の氾濫といった警戒情報がひっきりなしに流れています。
 
  (ーー;)

知ってはいるけれど、そこは釣り人のSAGA(笑)
自分の住む村山地方(山形市近辺)は時おりの小雨は降るものの曇り空程度です。
日本海側の天気が崩れれば、必ずこっちも崩れる・・・
知ってはいるんですよ!(笑)

朝一で花森湖へと行ってきました・・・・・
ところが・・・やはりと言うか・・・・・
ほんの数投しただけで雨・・・・それも結構強い雨

 (ーー;)

まあ自分はキャストしただけましかな(笑)
ちょうど雨が降ってきた時に二人連れのバスアングラーがやってきました
その後はわかりませんが、自分はアタリすらもないままに引き上げです^^

家に着いたのがまだ8時前! 
普通に朝食をとると、おふくろが
「今日は蔵王に行かないの?」
と尋ねてくるので
「行きたかったら連れてってやるよ」

汗疹でも出たのか体が痒いので蔵王温泉に行きたいとの事でした!
それでまたもや行き先は蔵王温泉!!
七月・・・平年なら夏真っ盛りの時に撮ったヒマワリ畑の写真

記事は ⇒ 真夏の蔵王なのに・・・

あまりに残念なヒマワリでした・・・
 (ーー;)

ところが今朝 通りかかると

「蔵王のヒマワリ畑」


2011年8月18日 蔵王にて.JPG

やっと八月!
お盆も過ぎた今頃に見事に満開です^^

少し離れてみると

「みんながこっちを見ている^^」

2011年8月18日 .JPG

やっぱり季節がずれているんですかね〜〜??

そして我が家の畑・・菜園・・実は花壇???
にも我が家では始めての実が実りました^^

我が家の初ゴーヤ.JPG

本当は我が家の玄関口に有る花壇なんですけどね・・・・
畑なのか花壇なのかわからない状態です(笑)

回りのお宅ではゴーヤが実を付け始めた頃に 苗を植えたゴーヤ
やっと一番目の実を付けました^^

隣にはユリの花だったり椿だったり薔薇だったり

そして

茄子.JPG

茄子も・・・・(笑)
他にもトウモロコシやキュウリが 綺麗な花と一緒に育っています
 
(^_^;)

そして以前に紹介した白いかぼちゃ
植えたわけではないのに今年も芽を出しました

以前のかぼちゃの記事は



天国からの贈り物
 


しかし、今年のかぼちゃ・・・・・



なんでこんな所に ^^.JPG
 

なんでこんな所に実を付けたのかね〜〜〜(笑)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコマーク
posted by はやちゃん at 14:03| 山形 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 動・植物・昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

前川ダム ポイント情報 流れ込み

2011年8月12日 前川ダム(山形県上山市)での釣行記から前川ダムの流れ込みです。

流れ込みには、前川ダムの西側の道路を行くと左側に広い駐車スペースの有る所がありますのでから、そこから入る事ができます!

ダムの一番南側に当たるところからも、入ることは出来ますがダムの水位によってはウエーダーがなければ入れないときも有るので余りお奨めはできません!


「流れ込みから前川ダム・ダムサイトを望む」

前川ダム 流れ込みからダムサイトを望む.JPG

このように細い(とは言え20メータ以上は有ると思います)水路になっております。

そして両側が切り立っており、更にブッシュがきつい為に かなり釣りにくい場所でも有ります!
しかし、入れ替わり立ち代り人が入る人気ポイントです。
先行者がいる時は、ほとんど釣りにならない事を覚悟してください!

※ 先行者がいるときは 遠慮して邪魔にならないようにするのがマナーだと思います。

写真でもわかるように、ウイードが水面までかなりきつく茂っています
メインの釣り方は ラバージグ等の落とし込みがメインになるかと思います
自分的には「フロッグ」「グラブのノーシンカ」でウイードの上を釣るのも結構面白いとは思います。

「そして流れ込みの最上流部」

前川ダム 流れ込み最上流.JPG

中央に有る柳の木の両側が流れ込みです。
そう、同じ所に2本の流れ込みが有るんですよ!

しかし、片方は水量が少なく枯れる事も有ります!
この柳の木の上流は小さな堰になっていますので、落とし込みで打って歩き釣上げた事も有りますが
自分的には面白くないかな〜と・・・・(笑)

ここにはたくさんの魚が集まる事はお分かりだと思うのですが、かなりすれています!
前川ダムの中でここの魚が一番すれているかもです(笑)

最近はそんなにすれているとも思わなくなってきましたが、以前は流れ込みのエリアで一匹釣ったら暫くは沈黙する。 そんな所だったんです!

しかし満水状態の今年は見えませんが、もう少し渇水するとプールが現われます!
そこを覗くと50センチクラスは当たり前
60センチクラスも数匹見え

そしてでかい雷魚が悠々と泳いでる

そんな場所ではあります! 
こんな状況なので、かなり苛められたのでしょうね〜!
以前ほどではないようには思いますが^^

現在の満水状態では釣り方も限られるので、難しい場所のひとつです
写真ではわかりにくいですが、柳の木はすでにツリー状態!
柳の木の下を狙うにももう少し減水しないと難しいです

向い岸の数メーター前がブレークで落ち込み、その手前にウイードが茂っていると言う状況なので、こちらを攻略した方が早いとは思いますよ!

この日は流れ込みではかなり苦労したんですよ

そしてやっと出した一匹です

前川ダム 流れ込みにて 2011.8.12.JPG

写真の柳の木の数メータ下流に薄っすらとウイードが見えています
そのウイードについていました!


記事には関係ありませんが、最近「ジッターバグの使い方」で検索して当ブログへ何度も訪れた方がいるようです^^
ありがとうございます  m(__)m

なので、「ジッターバグ」の使い方を書いておきます

ジッターバグの使い方

キャストしたら、ただただ巻き取る・・・
ハイこれだけです(爆)



それだけで水面をお尻を振りながら、
さらには「ポコポコポコポコポコポコポコポコ」と軽快に音を奏でながら 曳かれてきます!

ストラクチャーなど気にすることなく何処でもキャストして曳くだけ
すると何故か魚のほうから寄ってきてバイトしてくる不思議なルアーです^^

ここで、ブラックバスと書かないで 「魚」と書いたのは対象魚が多いからです!

特にナマズハンターの方には絶大な支持を得ているルアーです!
その他にも雷魚や鯉などを釣ったと言う話は数多く聞きます!

自分の甥っ子などは釣り方に悩んだらジッターバグ

昼だろうが夜だろうがジッターバグを曳き倒して それなりの釣果を出してくるので ジッターバグ恐るべしです(笑)

それともう一つ「前川ダムでの当たりルアー」で検索されている方、これは難しいかな〜?
その人その人の釣り方や技法でも違ってくるし、同じルアーでも違う人が曳けば 別物になる
よくあるんですよ〜!

まあ自分なりの当たりルアーは有るので次回にでも紹介します。

ちょっと絵になる写真が撮れたので


前川ダム 西側に出来た島.JPG

中央に釣り人がいるのか分かるでしょうか?

左側に写るブッシュの所が島になっています!
前川ダムに慣れた者なら、ここに道路が有る事を知っていますので、このようなことが出来るのですが
その道路の湖側が急なブレークになっています!

正直、かなり危ない事ですので決して真似はなさらぬように願います
それにさして釣果は代わらないと思いますけどね
と言うか足元がポイントみたいな(笑)

とりあえず写真としてはいいかな〜と(笑)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 食物連鎖
posted by はやちゃん at 23:33| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

墓参り・・・そして蔵王山の恩恵

今年は1000年に一度の未明の大震災によるいろんな影響
今となっては 福島の原子力発電所では

3月11日、大震災のその日にはメルトダウンが起きていた事実

嘘だらけの政府の有様が徐々にあきらかになってきた今日この頃です。
政府としてもパニックを恐れての対応だったかもしれませんが、あまりにもお粗末
 
 (ーー;)

そんなこんなで、嘘だらけで信用の落とした政府とこれまた嘘で固めた電力会社
原子力発電所をまた動かしたいだけでの節電計画

そうとも思わざるを得ない状況の中での節電計画の影響で 盆休みすらなくなった我が会社です・・・

やっと今日、休みがとれ・・・
(盆休みではなく、普通の休みがお盆と重なっただけ)

やっと爺さん婆さんの墓参りに行く事が出来ました^^

山形県と宮城県にまたがる蔵王山脈
その蔵王山脈の懐に抱かれた所に自分の爺さん婆さんのお墓が有ります!

墓地は蔵王山脈の宮城県側にあるんです
宮城県といっても、元々我が家は宮城県と山形県の県境

しかし墓地は蔵王山脈の結構高い場所にあり 11月とも成れば大雪に覆われお墓には行く事すらも出来ない場所に有ります!

現在、住んでいる我が家からは 車で1時間ちょっとの距離
ちょっとしたドライブです^^

しかし毎年恒例の通いなれた道のり
朝出かける時までは、そう思っていました!

山形県高畠町から宮城県七が宿町へと抜ける国道113号線
宮城県側に入ってからは
「これが国道?」
始めてここを通った方には、そう思えるかもしれないような山間の峠道です。

そのわりには交通量は有るんですけどね!
途中には

一面に広がる蕎麦畑.JPG


山間にある一面に広がる蕎麦畑です。
蕎麦の白い花が満開でした^^

そして、以前から自分は七が宿町の道の駅と思っていたのですが・・・・

七が宿 旬の市.JPG

「道の駅」の標識も看板も何処にも有りません!
しかし、お店の内容は「道の駅」と同じです。
広い駐車場があり、ちょっとしたお土産や特産品が買え
更にちょっとした食事が出来る

ね! 「道の駅」と変わりないでしょう^^
ここのお奨めは、自家製の 五目おにぎり しかも一個 100円
子供達も覚えていて毎年購入しています!

裏手には昔から観光名所とされていた「滑津の大滝」があり 東北でもっとも渓流魚が多いとされる白石川に降り立ち滝を見学する事が出来ます
※ お年寄りや小さなお子さんが見学するのには、ちょっときついです。

珍しいのが「イノシシのカレー」
レトルトですが以前食べた時は美味しかったと記憶しています
値段はレトルトカレーにしては少し高めだったかな?

山間の国道なので ドライブイン的なお店はここだけ!
もし、国道113号線を走る事が有れば ここで休憩する事をお奨めします
他に休む場所がありませんからね〜(笑)

但し、食事には お蕎麦屋さんが結構有ります
余り立ち寄った事がないので、レポートは出来ませんけれど・・・・

そんなこんなで この「道の駅」のような所を後にして走り始め・・・
すぐに異変に気がつきました!

最初は単なる「通行止め」による回り道でした!
慣れた道では有りますが、回り道まではさすがに知りません!
ちょっと不安はあるものの、恐る恐る標識どおりに通過

本来の道に戻るも、またしても 「通行禁止」 そして回り道

また有る所では「道路の陥没による片側通行」
何箇所も有るんです・・・・

大震災の震源地から我が家までと この地域
県境の我が家ですから直線距離では大差ありません・・・

何が違うかと考えれば

「間に蔵王山脈があります」

それだけです!


以前にテレビで地震を研究している方が 

「蔵王山脈の地下のマグマの層が大震災の震度を弱くした」

そんな事を言っていたのを思い出しました!
しかし、「山形でも震度5強の震災」

その時は「へえ〜! 」と関心しただけで
たいして深くは考えませんでした!

ところが蔵王の尾根を越えた途端に、この有様です・・・・
確かに蔵王山を挟んだ宮城県側は「震度6強」

蔵王の山が「震度5強」にまで揺れを吸収してくれたんでしょうね!

改めて蔵王の山に感謝でした・・・・


そしてやっと着いた 爺さん婆さんが眠るお墓
ここはいつも数々の花に囲まれています^^
厳しい冬を象徴するかのように 春から秋はいろんな花が咲き誇ります

2011.8.15.JPG


2011.8.15 2.JPG

そして我が家のお墓を見下ろすように

いつもは満開なのに.JPG

この場所はかなり高いところにあるので
例年だと紫陽花が盆のこの時期にちょうど見頃を迎えるので、いつも楽しみです^^

今年は何故か見頃を過ぎていましたが、それでも写真のような紫陽花がたくさん有りました^^

帰りに宮城県側から観た蔵王山です

宮城側から望む  蔵王山.JPG

この写真からもわかるように 蔵王の尾根がすぐ近くに見えるでしょ
凄い高い場所なんですよ!

我が家から見える蔵王山

ここ宮城県から見える蔵王山

いろんな角度から蔵王山を見ることが出来ます

しかし、蔵王の話になった時に自分が思い描く蔵王の山

それは、自分が育った山間の小さな部落

50歳を越えた今でも、子供の頃に見ていた蔵王の山なんです!!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 省エネ
posted by はやちゃん at 22:26| 山形 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アホな奴ら 2011.8.10 前川ダム

朝一で前回の「蝉」の記事の「蝉」を見つけ、そして釣りです
場所は、前川ダム(山形県上山市)です

世間がお盆休みの中、自分は忙しく働いていました
そして本日やっとの休日です
盆休みではなく普通に休日がお盆とかぶっただけなんですけどね〜・・・・

「どうせ、釣りに行くんだろ〜」
そんな声が聞こえてきそうですが・・・・

いえいえ、お盆は釣りに行かないんです!
若い頃は、毎週のように・・・毎週、新潟の海まで車を走らせ黒鯛釣りでした
けどね・・・釣れないんですよ お盆は・・・・

何故か、お盆に良い思いをした事がなく
「お盆ぐらいは殺生をするな!」
   との
「ご先祖様のお告げだろう」
そう思いそれ以来の数十年 13〜15日は 釣りには行かないことにしています^^

お盆って人がたくさんで思うような釣りができない・・・
これが本当の理由ですけどね(笑)

そんなこんなでやっとの記事更新です!
いつもの如く、釣りの記事がたまってしまって、おくれおくれです・・・

2011年8月10日 前川ダム (山形県上山市)

結構減水していました! もう少し減水すれば釣りに入れるポイントもグンと増えると思います
朝一でキャストしたトップウォーター

最近出したばかりの「サミー85 ゴーストブルーギル カラー」
やっと一本めが出ました^^

やっと サミーでの一本め.JPG

始めて使った色なので、なかなか釣れなかった事もあり,ちょいと不安だったんですよ!
(色の選択ミスかも?)
何とか一本めが出てくれました^^

直ぐに もう一本追加

2011.8.10 前川ダム .JPG

これ以降も似たようなサイズが続きます・・・

そして場所換えしてすぐ

アホな奴らがやってくるんです  !!

場所換えしてから「センコーカットテイル」にて一匹を釣上げ、ソフトベイトを付け替えようとバッグの中を探していた時です

ツンツン・・・・・ツンツン
ラインには針しかついていないロッドから 手元に伝わってくる魚の振動・・・??

アホなブルーギル.JPG

こいつ、針しかついていないのに 勝手に釣れていました・・・(爆)
魚種はブルーギル

意外と知られていない「影の悪役」です
「ブラックバスが入ってから魚が少なくなった!」
よく聞きますが
本当の犯人は この小さな「ブルーギル」
この話は長く有りそうなので機会が有る時にでも・・・


それで、このブルーギル 逃がしてあげようと針から外そうとしたときに有る考えが・・
ライブベイトで釣ってみたい

オイカワを生餌にブラックバスやナマズ・雷魚なんかを対象に釣っている人をたまに見かけるんです!
これが面白そうで^^

こいつ、いいところに針がかかっているし 針もブラックバス用のでかい針

泳がせてただ待っているほど暇でもないので(実際は暇だけど(笑)) サイトフィッシングです
バスの群れを見つけて、そ〜っと送り込みました!

意外にも、バスたちは興味を示しません・・・・
「ブラックバスはブルーギルをあまり好まない」

昔聞いた事が頭をかすめます!
ブラックバスが捕食する対象魚の順序があるんですよ、まあ好き嫌いがあると(笑)

しかし、ブルーギルの方が岩の陰に泳ぎ始めた途端ラインが走り出しました!
ブラックバスです^^

これは針がかかっていなかったようで逃げられちゃいましたけどね!

やはりルアーを操作する時と同じなんですね〜!
ブラックバスから見えているときはあまり興味を示さないのに、見えなくなった瞬間に反応するんです

これはサイトフィッシングでルアーを投入する時にも,よく見られます!
見ているときは喰わない・・・・
それで興味をなくし立ち去ろうとして反対を向いた瞬間に ルアーを操作

この時に振り返ってバイト よくあります!

ブルーギル君・・かろうじて一命は取り留めました しかしフラフラ
何故か、こうなった魚に興味を示さない・・・
弱った魚を演じる・・・ルアーの基本ですが 
本物の弱った魚に興味を示さない・・・・・

この辺りがルアーフィッシングの奥の深いところなんですかね〜??

ブルーギル君にはここで退場してもらいました!
ちょうどこの頃には日も高くなり、アタリも遠のいたのですが、虫を捕食しているのか(捕食音から)
水面に出てくる魚が多い!
普通のトップウオータープラグでは多分喰ってこないと思います

こんな時、普通はポッパーなんですよ!
キャストして着水したら一度だけアクションしてポップ音を出します!

後はほっとくんです・・・そのまま(笑)
ポッパーのテイルにある フェザーなんですかね?
何故か喰ってきます!
釣り方としては面白くないんですけどね


しかしこの時チョイスしたルアーは

NW−11 だったかな?.JPG

こんな、ちっさいペンシルもあるんです^^
これだと虫を演出する事も出来ますので 
このルアー 見たことのない人が多いでしょうーねー

ラッキークラフトのメンバー限定ルアーなので一般のお店には出回らないルアーなんです
そしてこのルアーが大当たり!

やはり虫を食べていたんでしょうね!
しかし其れもつかの間、直ぐに飽きられてしまいます!

バスフィッシング・・・・同じところで何度もキャストしている方をよく見かけます
それでも釣れない訳ではないのですが

ルアーを流してサイトフィッシングで見ていると
ルアーに興味を示すのは 2〜3投目ぐらいまで

同じ事をやっていたのでは見向きもしません!
同じところでも色を変えたり、アクションを変える事で また興味を示すがそれも変えてから2〜3投目までが普通です!

多くを釣りたいのなら元気のいい奴を探してドンドン移動する
多くを釣りたいのならこれです・(笑)

そしてこの日、またもやアホな奴らが現われます

柳の木がカバーを形成している所を見つけてキャスト
ブルーギルが一斉に飛び出てきました

それもデカイ・・・!
ブラックバスのアタリも遠のいた頃だったので
イタズラ心で「ブルーギルでも釣るかと」ロッドチェンジ

柳の側まで歩み寄りサイトフィッシングです
ルアーも センコーのカットテイルの3インチ

柳のふちギリギリに沈めると面白いようにブルーギルが飛び出します
なんにでも反応するかの様に思われるブルーギルですが

実際にやってみるとブラックバスと同じで ルアーに反応するのは最初だけなんですよ!
しかしこの日のブルーギル!
柳の下から次々に飛び出てきては センコー3インチを縦横無尽に引き回します

けれど、ブルーギルの小さい口にはなかなか針掛かりしません
そんな事を2〜3度繰り返した時です

奴がやってきました
それもでかいのが二つ・・・

と縦横無尽にルアー引きずりまわしているブルーギルたちに近づいたかと思った瞬間

ドラッグが

「キリキリキリキリキリ〜〜〜〜〜〜」

ラインは2メータも出ていません

それにいきなりの40センチオーバ!!!!!

目の前で暴れています・・・・

柳の木下に逃げ込まれ 
「もう無理か〜〜〜」
と思った時に方向を変えてくれました!!

そのまま地面に引きずり出し

アホな奴 .JPG


はい!

ブルーギルを釣っていたら、ブルーギルが咥えたルアーを横取り
それでつれちゃった40センチオーバーです(爆)


この日の早朝です レンズ雲と言うんでしょうかね 綺麗だったので

2011.810 早朝.JPG

レンズ雲が出る時って 「天気がどうこう」 と聞いた覚えがあるのですが
どうなるのだったかは 記憶がぬけています・・・・

けれどこの日は ドピーカン照りな一日でした

そして、この日に見つけた野の花

前川ダムにて 2011.8.10.JPG

足元に地面を這うように咲いていました ^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 省エネ
posted by はやちゃん at 08:07| 山形 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

蝉・・飛躍の時

あいもかわらず 早朝・・・夜中に釣りへと出かけました
前回の釣行時は午前三時半頃に明るくなり始めたんです

今回は暗いうちに釣り場へと到着し 明るくなる寸前から釣り始めたい・・・
そんな思いから 夜中に我が家を出ました!

しかし・・・・わずかの間に夜明けがずれている・・・・
午前三時に釣り場へと着いたけれど・・・・一向に明るくならない
 
 (ーー;)

しかも、節電の影響で例年だと点いている筈の常夜灯が一本も点灯しておらず
山間に位置している場所なので、山が遮り一つの光さえもありません
あたり一面が真っ暗
車のミュージックプレーヤーの明かりだけが眩しいぐらいに光り輝いています

最近は四時にならないと明るくならないんですね〜〜
一時間ほど車から流れる音楽を聴いていました・・・

そして夜明け!!

釣り場に立ちふと足元を見ると 

一匹の蝉


ミンミンゼミ.JPG


ミンミンゼミです^^

羽を休めるのには、低すぎるこの位置
蝉に聞いてみないと分かりませんが夜中なので眠っていただけなのかもしれませんし

はたまた羽化して間もなかったのかもしれません

よく見ると・・・
直ぐ隣に蝉のサナギが・・・・・・

セミのサナギ.JPG

「あ〜あ! このサナギから脱け出したのかな?」
そう思うもつかの間

よく見ると、このサナギの背中が割れていません!!

今から羽化しようと地面にでて来たサナギのようです^^

口の悪い連中が
(人の事をいえた義理ではないけれど・・・)
サナギから成虫になったばかりの蝉を見つけて 
ジョークのつもりなのでしょうが

「余命宣告」

と馬鹿な事を言う輩がいます


相手がいる時には口にしませんが、この手のジョークは大嫌いです・・・!!
確かに数年の長い間を地中で過ごし成虫になると、はかない命の蝉たちです

けれど、成虫になった蝉にとって

人生で一番に命を謳歌する時

その旅立ちの時



自分はそう思うんですけどね^^



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 砂漠化
ラベル:旅立ち 羽化
posted by はやちゃん at 19:23| 山形 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 動・植物・昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。