ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2009年10月19日

忍者、松尾芭蕉

松尾芭蕉と言えば 誰もが知っている俳聖ですが

忍者ではなかったか?と以前から唱える学者や研究者が多いんです!

有名な「奥の細道」 

学者達はこの旅が最も怪しいと考えているようなのです


山形県でも 最上川を眺め

五月雨を集めて早し最上川 


山形市山寺の立石寺では

閑さや岩にしみ入る蝉の声 


と、ふたつの有名な句を詠んでいます

旅の目的である宮城県の松島

けれど、松島には一泊しかしておらず しかも一句も詠んではいません

まず、これが不可解であると 第一の疑惑

第二の疑惑は 「奥の細道」の旅程がおそろしく早い事に有るようです

このときの松尾芭蕉は46才

しかし、常人ではとても歩けないような距離を歩いており

「忍者だけが知る裏道を歩いたのではないか」との説が浮かんでいます

そして、第三の疑惑

単純に松尾芭蕉が伊賀 上野(三重県)の生まれであった事です

この三つの疑惑から

松尾芭蕉は徳川幕府の公儀隠密であった

と考えている人が多いようです

松尾芭蕉 没後300年経った今

よほど有力な証拠でも出てこない限り 解明はできないでしょう

けれど、松尾芭蕉が風車の弥七のように飛び跳ねていたと想像したら楽しいですよね  (^・^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★Potora★100万人の口コミで楽しく賢くお買物♪Potoraと店舗の

ポイントWで超お得!まずは豪華賞品が当たる無料会員登録へGO!





posted by はやちゃん at 22:03| 山形 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは・・来ちゃいました。笑。。
 松尾芭蕉のこの話はわたしも聞いた
 ことがありますわ・・・。
 忍者だったのでしょうかねぇ??
真実はどうなんだろう?
忍者で飛びはねてたりしてww
Posted by さよちゅう at 2009年10月20日 10:20
さくらもこの忍者のような早旅については知っていますが、
実は。。
松尾芭蕉さんは、忍者じゃなくて。。


ドラえもんの「どこでもドア」を借りたんですよ!
ドラえもんは時空を行き来できるから
(^-^〃)♪
ん?違ったっけ?(o・。・o)
Posted by さくら at 2009年10月20日 20:18
さよちゅうさん、こんばんは^^

結構有名な話しみたいですね

屋根裏とかでスパイしながら俳句を書いていたらとか考えると面白いですよね〜^^
Posted by はやちゃん at 2009年10月20日 21:49
さくらさん今晩は

そっか〜 ドラえもんだったか〜^^

今度、どらえもんの最終話でも書こうかな?

子供たちに話したら 「それ有名じゃん」って言われ封印していた話が(笑)
Posted by はやちゃん at 2009年10月20日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。