ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2010年02月28日

日本酒の雑学

今日も山形の地酒を飲みながらの投稿です ^^

今日は山形県酒田市の東北銘醸株式会社 の「酒王 初孫」の本醸造酒です^^

甘口のお酒なので熱燗で美味しいお酒です。

日本酒は吟醸酒が好きなので冷やで飲むことが多いのですが・・・

お燗と言うと 「ぬる燗」や「熱燗」と言うのが思い浮かぶと思います。

日本酒はどんな温度でも美味しく呑める唯一のお酒だそうで、この温度の違いで呼び名がだいぶ違うと言う事を知っていますか?

冷やと言ってもいろいろとあります!

冷たい方から


雪冷え   5度前後で氷水にて充分に冷やしたお酒

花冷え   10度前後で冷蔵庫に数時間入れたお酒

涼冷え   15度前後で冷蔵庫からだしちょっと時間をおいたお酒

ここまでが冷や酒と呼ばれるようです。

日向燗   30度前後でまあ常温ですかね

人肌燗   36度前後まあ人肌の温度です

ぬる燗   40度前後で熱さの感じない体温よりちょっと高め

上燗    45度前後で注ぐと少し湯気が見えるぐらい

熱燗    50度前後で徳利から湯気が立ち始める

飛び切り燗 55度以上で徳利を持った瞬間に熱いと思うような温度 


冷やも何種類 お燗も何種類かに分けられるようです。

日本酒は温める程に苦味や塩味が薄くなる特徴があるのだそうです。

その為に美味しいくなると言うより、嫌と感じる成分が弱まる傾向にあるのだそうです。

日本酒は温める程に容積が増えるのでお燗の達人は

このお酒の増え方でどの程度の燗になっているかわかるそうです!


寒い時は 熱燗で キュウ〜〜〜〜ですよね〜


   (^。^) 



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

★Potora★100万人の口コミで楽しく賢くお買物♪Potoraと店舗の

ポイントWで超お得!まずは豪華賞品が当たる無料会員登録へGO!





山形情報→蔵王の温泉やスキー場

源泉かけ流し 開湯伝承1900年

雪質バツグンのパウダースノーにて三月も最高のゲレンデ状況だそうです

樹氷ライトアップ  〜3/6(土)

スキー子供の日  お子様リフト券 1000円

3/6(土) 3/7(日) 3/27(土) 3/28(日)



蔵王の情報は→  蔵王の温泉やスキー場ガイド(蔵王の事ならお任せ)




posted by はやちゃん at 21:22| 山形 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
お燗の温度でこんなにあるんですね〜
覚えておいて、今度お店とかで使ってみよう

これで行くと自分の好みは上燗って
所ですかね
Posted by ねぎぞう at 2010年03月01日 13:15
どんな温度でも美味しく飲める唯一のお酒!
って聞くと嬉しくなっちゃいますね!

ホットウイスキーって私は飲んだ事ないですけど、どうなんでしょうね

ちなみに私はお酒の湯気が目に入ると、涙が止まらなくなります(笑)
Posted by こちくん at 2010年03月01日 17:37
RE

>ねぎぞうさんへ

お燗の種類は確かにあります。けれどお店の人が知っていますかね〜? 自分の行くようなお店ではまず知らないので、 お燗のウンチクで話しをつなぐのが関の山ですかね〜(笑)

>こちくんへ

自分は寒い時などは、ホットウイスキーや焼酎のお湯割りも呑みますので まずくはないです(笑) 冷たい物と暖かい物で 呑口ががラット変わると言うのも日本酒の特徴だと思っています!
Posted by はやちゃん at 2010年03月01日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。