ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2010年07月31日

命について

わりと若い頃・・・十代の頃から
「なんとなく、お祖父ちゃんと呼ばれるまでは生きられないだろうな!」
と思っていました!

何故って 自分がお祖父ちゃんと呼ばれる姿が想像できなかったから・・・(笑)
30歳位になった自分をすら、十代の頃には想像も出来ませんでした・・・
それが、五十才を過ぎて思うことは

「十代のあの頃とな〜んも変わってない」です。
考え方ややりたい事、全然変わってないです(笑)
十六でバイクの免許を取り、学校にも毎日バイクで通学

バイクが大好き、ハード・ロックが大好き
五十を過ぎても変わりません(笑)

けれど、年相応にガタがきてるのは確かです。
自分の場合は年以上かな!

十代の頃には考えられなかったけれど、なんかお祖父ちゃんと呼ばれる年齢にも近づいてしまいました。
実際に姪っ子や甥っ子の子供たちに

「おじいちゃ〜ん」と呼ばれ

「おじいちゃんじゃない、おじちゃんだ・・・・間に(い)を付けるな」
と笑いながら言う事も多々あるようになりました。

数年前に持病が見つかり、体のことを以前よりは気にするようになりました!
それでも、自分の命が危ないなどとは考えた事もなく
最初に病気が見つかり病院の先生に言われた事は

「一刻の猶予もない状態です、入院してください」
入院の宣告はされたものの、自分がそんなに悪い状態とも思えず全然実感も湧きませんでした。
それに、その当時は会社も変わったばかりで入社してすぐに入院と言うのはまずいし、生活の余裕がなかったのも事実!
「入院はとても無理です。」と返答したところ

「かなり危険な状態なんですよ!」と言いながら
生活の仕方としばらくは毎日、病院へ通うようにとの指導をされました!

それでも聞いていて、なんか他人事のようでした。
この時は、医者もびっくりしたぐらい順調に回復
毎週に行われた検査でも、検査するたびに病状が回復して看護婦さんにも

「凄いね〜!頑張っているね」

とほめられましたが
何も変わらない生活をしていましたね(笑)
家族にも、入院しろと言われた事をも告げていませんでしたし

多分、調合された薬が自分にあっていたのでしょうね

月に二回の定期検査を二年ほど続け、病状が安定しているとの事で月に一回の定期検査になりました
薬を常備しなければならないという状態ではありますが

そして今年の春先に急に体調が崩れる事になるまでの数年間

薬を飲んでいる事と定期検査をしなければならないという事以外は
病気になる前の生活と全く同じでした

体が蝕まれているのに何も摂生しない生活は、やはり無理がかかっていたのでしょうね!
今年の春先に思いもよらない形で表れる事になり、もしかしたら自分も気付かぬうちに死んでいたかもしれません!
自分という人間はそれでも懲りないようで・・・・

けれど、好きだった日本酒もあまり呑む事が出来なくなったし
(今、九朗左衛門の吟醸酒 雅山流の葉月が・・・・目の前にちらついています・・・呑みた〜い)
今日もひと月ごとの検査に行ったら 今までにないような異常な数値

さすがに、まずいかな〜と思い始めています。
生活する分には、何も問題ないんですよ!

検査をすれば異常な数値が出るときがあるという以外は

けれど最近は、「そろそろやばいのかもしれない」と思う時が増えてきた今日この頃なんです

それでも、

「あそこの爺さんは偏屈爺さん」

と近所の若い人にいぶかしがられる爺さんになりたいんですよね〜

  (^・^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


今日は花火大会 自分の家から花火大会の会場が近い為にブログを書いている今も
   DON


ビリビリビリ〜〜〜〜と音が凄いです。

山形もあちらこちらで花火が打ち上げられています。
もうすぐ、山形での最大のイベント 花笠も始まります。

★Potora★100万人の口コミで楽しく賢くお買物♪Potoraと店舗の

ポイントWで超お得!まずは豪華賞品が当たる無料会員登録へGO!





ラベル:
posted by はやちゃん at 21:15| 山形 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10代の頃も、20代の頃も
子どもの頃も、
自分にとっては
昨日の積み重ねであって
いきなり、おじいちゃんに
なるわけではないですからね〜
私も二年前大病をして
死を意識することがあって
人生観がかわりました。
死は自分でコントロール
できないけど生は、
コントロールできると思います。
お大事になさってくださいね。
Posted by ツモリア at 2010年08月01日 10:53
なんだかちょっと感動してしまいました(ノω・、) ウゥ・・・
理想通りの素敵なお爺さんに必ずなりましょ!
Posted by Laira at 2010年08月01日 13:10
> ツモリアさんへ

そうでしたか!一度痛い目にあってしまうと健康に対しての意識が全然違ってきますよね! 自分もなるべくジョギングしたりするようになりました。最近、ジョギングは自分には悪いと教えられてて ウォーキングに変えました! ホントは走りたいんですけれどね〜!
「生はコントロールできる」そうですよね!
心に刻んでおきます。ありがとうございます!
Posted by はやちゃん at 2010年08月01日 15:23
> Lairaさんへ

自分の理想はちょっとへそ曲がりですよ〜(笑)
Posted by はやちゃん at 2010年08月01日 15:26
私も10代の頃に、いまの30過ぎの自分を想像していませんでしたね。
もっとろくでもない人生を送っていそうな感じですけど、結婚や子供の誕生で変わったのかもしれませんね。
「出会いっていう幻の記事はそんなことを書こうとされたのかな?」
って想像しちゃいました。

孫を抱くまでがんばらねば!(笑)
Posted by こちくん at 2010年08月01日 18:28
こんばんは〜♪
おばあちゃんって言われてもおかしくない年齢ですけど、精神的には20代の頃と全然変わってません。ですから、今おばあちゃんって言われると、20代でおばあちゃんになった気がして、ショックです(>_<)
って、なに変なこと書いてんでしょうかね(笑)ですから、子供には30代で結婚するようにって、申し付けてます(笑)
変な親です。
お体、気をつけて下さいね。
無理の利かない年齢になりましたよね(50代)

Posted by yhumy* at 2010年08月01日 20:11
> こちくんへ

自分の妹が十代で結婚していて、そのまた娘も十代で結婚しまして、妹は三十代でおばあちゃんでした(笑)
そうですね結婚した時よりも、最初の子供が生まれたときに一番に心構えがかわりましたね!

>  yhumy* さんへ

いまこちくんへの返答で書いたばかりでしたが、自分の妹は三十代でおばあちゃんでした(笑) それもまたいいみたいですよ! 精神的には自分もきっと死ぬまで同じでしょう(笑)
Posted by はやちゃん at 2010年08月01日 20:44
何かスゴクわかります。。
私も精神的に昔と何も変わりませんから。。
ただ・・年をとるごとに
体調に異変が。。
変わらない自分だけにムカつきます(^。^;)
Posted by とうふ at 2010年08月01日 20:48
> とうふさんへ
とうふさんも自分と同じ経験をしているので 他人事ではないと思います。ほんとに薬と病院からは開放されたいですよね!
Posted by はやちゃん at 2010年08月01日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。