ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年01月22日

つらら・・・そしてあれから

大寒に入り更に寒さを増している山形です
 (ーー;)
まあ大寒らしい話題をと(笑) 
以前、山形では冬になると何処の家にもたくさんのつららが出来ていました
しかし昨今、屋根に積雪が有ったとしても以前のようにはつららができなくなりました
住宅の進歩なのでしょうね!!
詳しい事は分かりませんが、雨樋が昔の住宅とは違うように思われるのですがそれ以外にも色々と工夫がされて入るのでしょうね^^

確かに冬の景観としてのつららは綺麗ですが実はかなり危ない代物でもあります
屋根にぶら下がっているだけですから、偶然通りかかったときにでも落ちたら・・・・
怪我だけではすまないかも知れません 
小さく見えても結構大きくなっている場合もあります

そんなつららですが、古い建物で雨樋がついていなかったりすると、たくさんのつららが出来ます

「つらら」

2011年1月21日.JPG

これは、たくさんついていますが大きさはそれ程ではありません
と言っても60センチ以上はありそうです

そして、場所によっては

つらら.JPG

写真では大きさが分かりませんが、ほとんどが一メータを超すような大きなつららです
こんな物が運悪く頭にでも落ちようものなら、重さもかなりの重量がありますし硬さも硬いですから、ただではすみません

積雪の多い今年は色々な所で大きなつららが見れます

最後はやはり娘の自転車です(笑)

あれから.JPG

写真では分かりにくいですが、隣の自転車と氷でつながりました(笑)

以前の自転車の写真は、こちら → 「あれから3日」


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い





ラベル:つらら 大寒
posted by はやちゃん at 00:09| 山形 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はやちゃんさん、こんにちは(^_^)v

す、凄いですね(^◇^;)
そういえば昔長野のスキー場近くの温泉に泊まった時につららがフロントガラスに突き刺さってガラスが割れている状態を目撃しました。
落ちてきたら破壊力ありますよね。
Posted by ティーグ at 2011年01月22日 12:13
そこまで大きいつららだと、ちいさい子どもとかは本当に命に関わりそうですよねぇ
子どものころ、1-20cmのつららを発見して振り回して遊んでいたのを思い出しましたよ〜
Posted by こちくん at 2011年01月22日 13:19
きゃあ〜〜!
これはほんとにヘタしたら串刺しになりかねないですね!@@

娘さんの自転車も、さらに、埋まりつつありますね!
これは春まで、可動は無理ですか^^;
Posted by にゃあも at 2011年01月22日 15:23
すごいですね!

自転車にできた、つららって、初めて見ました。
驚きです。

寒さが、すごく、良くわかりました。(*^_^*)
Posted by くろこ姫 at 2011年01月22日 17:21
>  ティーグさんへ

それはかわいそうに・・・自分の友人にもつららではないのですが、屋根の下に停めてあった車に大量の雪が落ちて、車の屋根がベッコリ!!
雪国は車を停める時に頭上も注意して停めないと意外な出費が出る事があります(笑)


> こちくんへ

もう、先日になりましたが山形県では昨日だけで雪による事故で二名の方が亡くなっているようです。
本当に気をつけないと命に関わることなんです!!
自分もつららで遊びましたね〜〜^^
Posted by はやちゃん at 2011年01月23日 00:22
> にゃあもさんへ

自転車は・・・なんか何処までつららが大きくなるのか見てみたいようで(笑) 寒いから触りたくもないし(笑)
きっと春の雪解けを待つしかないでしょう(爆)


> くろこ姫さんへ

この娘の自転車の所だけしずくが落ちるんですよ!!
気付いた時にはつららが出来ており、面白いので放っておきました(笑)
Posted by はやちゃん at 2011年01月23日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。