ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年03月26日

はっきり言って愚痴です・・・

今日も朝から数センチの積雪が有りました!

今朝は東北全域が雪模様のようです
もうすぐ四月と言うのに山形の春はまだのようです。

 懸命に救出を続ける自衛隊の方

 地震当時のデズニィー・ランドの対応

 たった一個のおにぎりを子供の為にと口にしない若い母親

心を打たれる話がたくさんありました
そして、できる範囲で何かをしてあげたいとも思います

その反面・・・・

石巻市での被災地からの泥棒(石巻市での犯人は捕まったようです)

仙台でも被災地での泥棒が横行し
避難所へ行きたくても家を離れると家財道具を盗まれるからと
自宅を離れられない人たち

昔なら火事場泥棒は 磔獄門

もっとも恥ずべき犯罪として重い罪に問われたようなのですが
その恥ずべき犯罪が横行している事実

安全な所で作業服を来て、勝手な事をほざいている大臣たち
作業服を着ている意味がわからない

作業服も税金からの支給だとしたら、その分の税金を返せと言いたい


そしてここからは自分の身の回りで起こっている事実です

まずは我が家の近くに避難所が有る事を何度か書きました
そこには、ボランティアの人たちも駆けつけました

「自分のできることで何とか、支援して上げたい」
と忙しい中での時間を割き 避難所へ駆けつけている人たちも多いようです

しかしそのボランティアの人達が

「避難所へボランティアで行くのはもう嫌だ」


と話をしていると言うことを何箇所かで聞きました
凄いわがままな方たちが余りにも多くいると言うことのようです

確かに、いろんなストレスで愚痴りたい気持ちは分かるけれど・・・

いろんな話を聞いた所、単なるわがままですね!!

着の身着のままで避難所へ命からがら逃げ込んだ宮城、岩手の被災者の方
避難指示が出てから避難所へと向った福島の方がた 

多分に心の持ち方が違うのでしょう〜

自分が実際に見た事もついでに書いておきます

あるスーパーです。
近くに避難所が有る為に避難所から多くの人達が買い物に来ています。
(これも宮城・岩手の被災者の方ではできない事だと思います)

このスーパーでは避難所から来る人たちへの心配りでしょう

1パックに二個入りのおにぎりが100円で売っていました!


地元の者からするとおにぎりが二個で100円など見たこともありませんから
そのすぐ隣にコロッケが有り、避難所から来たおばさんが袋に詰め込んでいました
(言葉や身なりで避難所からきた事は容易に判断できます)

そのうちの一個を足元へ落としてしまいました
すると、そのおばさん 素手でわしづかみしたかと思うと 積んであった元の所へポイ!!

更には、袋へ詰め込んだコロッケまでもを素手で ポイポイと元の場所へ

このおばさん、 自分が住む自分を知るものがたくさんいる地元のスーパーで同じ行為ができるのでしょうか?

宮城県の避難所にいる方が

「避難所へいると言ってもお客様でないのだから、自分たちで出きる事は自分たちでやる」
と言っていました!
その通りだと思います。 
そしてボランティアの方々と避難してきた方々が力をあわせて仕事をする姿がまぶしくもありました!

ちょっとむかついたので 愚痴だらけの記事です・・・・・
感動する話が多く、外国からもビックリされている日本人のマナーです

自分たちとしては当たり前の光景です・・・・

自分が上げたような人たちは確かに少数の人達なのでしょう〜〜

しかし、なんかな〜日本です・・・・・


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



ラベル:愚痴
posted by はやちゃん at 11:42| 山形 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
火事場泥棒はもってのほか。
そして・・・・
時間が経てばある程度はと予想していましたが残念な人達がいますね。
感動的な話をたくさん聞いていますし日本人の誇りだと思える事がたくさんある陰でこういう事が起こるのは非常に悲しいです。


Re ティーグさんへ

ほんとに少数の人なのでしょうが、がっかりしますよね!
この数人の為に、「この街の人は嫌い」となるんでしょうね
 (ーー;)

  By はやちゃん
Posted by ティーグ at 2011年03月26日 12:05
コロッケオバサンのような方は、多分どこへ行っても、そういう不調法な事しでかしているんだと思いますよ…。ここ2日間ばかり上山に出かけましたが、市内の銭湯・旅館のお風呂の提供(送迎バス付き)炊き出し(もてなしに近い)、頭が下がりました。
財政もあんまり…な市なのに。

いっそ避難場所は、私の実家の方向に「廃村」(電気も水もガスもOK!)がありますけどねぇ…。長丁場になるんでしょうから…。

Re こるごんさんへ

そうなんですよね!財政の苦しい中で市として出来る事をやらなければならない 長期化すれば受け入れた街も人も大変でしょうね
上山は温泉町の本領発揮です^^ 公衆浴場(温泉)などでも無料で提供しているようですよ! 
これにしても、長期化すれば温泉施設のほうの収入の問題も出てくるでしょうね!

 By はやちゃん
Posted by こるごん at 2011年03月27日 01:36
避難所生活も長くなるといろいろ問題も出てくるでしょうね。
早く元の生活に戻れることを願うばかりです。


Re にゃあもさんへ

ですよね〜長引くといろんな所にも負担が来るし、本人にとっても辛いでしょうしね〜!

By はやちゃん
Posted by にゃあも at 2011年03月27日 10:34
残念な人がいるのは本当に残念です。
気仙沼も留守宅の盗難事件があるようで
うちの親戚も家を出られないと言ってました。
ボランティアもきれいごとではないから
かなりの覚悟をして向かったと思いますが
その堪忍袋の緒まで切れてしまうほどなんですね。
コロッケおばさんは、きっといつでもどこでも
そういうことをする人なんだと思います。
しかし、ひどいですね。


Re りんごさんへ

「何とかしてあげたい」 その気持ちで向ったと思うんです。 当然に愚痴られる事も覚悟で・・・・
しかし聞いた話は わがままとしか言いようがなくて・・
その方たちは胸の奥にしまったようですが、自分なら「ホテルにでも行け〜!」と間違いなく言っていますね(笑)

  By はやちゃん
Posted by りんご at 2011年03月27日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。