ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年06月12日

根曲がり竹の採取 Part 1 2011年6月12日

毎年六月の十日前後に南蔵王林道を走破
目的は根曲がり竹(竹の子)の採取です^^

「根曲がり竹」

根曲がり竹.JPG

根曲がり竹とは 以前にも紹介しましたが 隈笹の竹の子の事です
毎年この時季になるとこの根曲がり竹を採取に行きたくてウズウズ(笑)

根曲がり竹の生える隈笹は標高の高いところにしか生えません
毎年 この時季は南蔵王林道を走破して根曲がり竹の採取です

今年は例年にない大雪でしたから、林道を走り抜ける事が出来るのか少し心配でした
林道に入りすぐに予感は的中

「例年にない大雪での倒木」

倒木がたくさん.JPG

至る所で雪の重さに耐え切れずに倒れた樹木が見受けられます
クリックして少し大きな画像で見てもらえれば、倒木の多さが少しは伝わると思います
道路から外れた所の倒木は良いのですが、倒木が道をふさいでいないかが心配でした!

やはり途中には道路に横たわっていただろう倒木がありましたが、営林署でしょうね
既に片付けてありました^^

大雪の影響は樹木だけではありません
道路も、大量の水が流れたようでえぐられている所も多く有りました

南蔵王林道の頂上付近からは蔵王山の刈田岳にあるバス停&駐車場がほぼ真横に見えます
刈田岳のバス停留所は真夏でも天候が悪いとストーブを炊いているような環境です
当然に南蔵王林道頂上付近も似たような環境になります
幸いにも、この日は天気もよく高原の風がとても爽やかでした

車を止め ふと路肩に目をやると

「二輪草の群生です」

二輪草 群生 蔵王山系.JPG

山菜としても知られる二輪草ですが、自分は採取した事がないのでどうやって食べるのかも知りません
たまに山野草として 植物園で売っているのを 見かけることもあるぐらい
いかにも山野草らしい可憐な花です

「二輪草」

二輪草 2011.6.12.JPG

ただちょっと困った事に、これも予想していた事では有るのですが
二輪草が咲いていると言うことは根曲がり竹の採取には少し早いと・・・・

この二輪草の群生の花が少しだけ咲き遅れた花が残っているぐらいが、根曲がり竹の採取時季である事を経験から知っています。
しかし、既に例年よりは走りづらかった南蔵王林道を愛車、マツダのトリビュートで頂上まで走破しました!
車の隣に立っているだけでオイルの焼けた匂いがしています
そのぐらい過酷な林道です、このまま帰るわけにもね〜〜

笹薮に入る準備をして 根曲がり竹採取に出発です

「熊笹の笹薮」

自分の背丈より高い笹薮.JPG

この写真は自分が立った状態の目線で撮影しています
自分の背丈を軽く越えています。

根曲がり竹の採取は「よほどの山菜採りのベテランでないと無理」と言われるゆえんです

笹薮に入ってしまうと方向がわからなくなってしまうんです
おまけに竹の子の出るこの時季は野生の熊もその事を知っているので笹薮に入ってきます

隈笹の笹薮には安易に入らない方が無難です
根曲がり竹の採取をしたいときは、経験者と入る事をお奨めします

笹薮に入り少し歩いた所に山ブドウが有ります
その山ブドウを見れば

「山ブドウ 2011年6月12日」

山ブドウの芽.JPG

やはりです・・・・
やっと山ブドウの芽が芽吹いたばかり!!

隣に見える蔵王山刈田岳を望めば、何箇所かに白く残った雪が見えます!
この時季にこの場所から雪が見えたのは初めてのような気がします

確かに日当たりの悪い沢には大量の雪が7月頃まであります
しかし、見えている雪の有る所は結構日当たりのよい場所です。

一週間ほど早かったかなと思いながら笹薮の中へ・・・・
採取の様子はまた次回と言うことで^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコマーク


posted by はやちゃん at 22:39| 山形 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 山菜・キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大雪の力ってすごいんですね。
倒れた樹木の数が半端ないっ
それにものすごい竹藪。
体中が傷だらけになりそう~
お疲れ様でした


Re りんごさんへ

毎年、積雪で倒れる樹木は有るんですよ!
しかし今年は凄いの一言 こんなに多く倒れたのは始めてみました!!
もしかしたら、震災の時にはまだ雪の中だったと思うんです
そこへ強い揺れ・・・もしかしたらそれでかな〜とも思っています

 By はやちゃん
Posted by りんご at 2011年06月13日 06:35
いつも思いますが、はやちゃんさんって、
季節を感じる能力に長けていますよね〜!
自然を見て、色んな状況を想像されて
いますもんね。(私には、想像できないです…)
釣りもされるし、山にも登るからでしょうか^^
二輪草が、とっても可愛いな、と思いましたけど♪

下の記事も、読ませていただきました。
釣り、良かったですね^^
親指の傷も和らいだようで、安心しました^^


 

 Re りい子☆さんへ

ええ〜〜? ふ〜ん!
単に遊びたい為に周りを読む力がついただけかも(笑)

 親指・・・まだ痛いんですよ・・・ (ーー;)
沁みる感じがあって・・もしかしたらヒビぐらい入っていたかも・・・
 それも、もう治りかけていると思いますけどね^^

 By はやちゃん
Posted by りい子☆ at 2011年06月13日 09:42
そういえば大雪だったんですよね〜
なんだか遠い昔のような気がしちゃいますね。
いまだに影響があるとは、相当な大雪だったんですね!



 Re こちくんへ

大雪だったんですよ〜!
普通の人はもう昔の事ですよね^^
自分が行く蔵王山系の山奥には毎年7月頃まで残雪があるので 雪の話題はわりと普通の事ではあるのです

しかし今年は、今まで見たこともない場所に未だに残雪が有ります。

 By はやちゃん
Posted by こちくん at 2011年06月13日 10:54
やはり、こちらとは全然違う風景ですねえ。
二輪草と言うのも見たことないです。
同じくタケノコ目当てのクマと遭遇することもあるわけですし。@@;

次回、採取の様子も楽しみにしてますね^^



 Re にゃあもさんへ

風景ですか! 多分ここは特別ですかね^^
標高で行けば1500メータぐらいはある場所なんですよ!

 熊さんは、何度か見たことは有ります^^
危ない目にはあっていませんけれど(笑)

 By はやちゃん
Posted by にゃあも at 2011年06月13日 20:15
こんばんはぁ〜♪
2〜3日前に採ってきたのをお裾分けして貰いました。
こちらも根曲がり筍 2回ほど山に入ったコトがありますが
怖い想いをしましたですぅ〜
欲で採っても 帰宅してからの始末が┐【´〜`】┌ ヤレヤレ

山菜採りでの行方不明 捜索 減っていませんから・・・
お気を付けてくださいましo【u_u っ】



 Re こゆきさんへ

後始末・・・そうなんですよね〜〜
筍の皮を剥くのが一仕事・・・・

実は多い場合や、保存の場合は皮事茹でちゃって 茹でてから皮を剥くと意外と簡単に剥けますよ^^

 山形でも遭難者続出です・・・・
アウトドアーブーム後にならない人達が山に入っているのが原因とも自分は思っているんですけど・・・
お気遣いありがとうございます ^^

 By はやちゃん
Posted by こゆき at 2011年06月13日 23:38
はやちゃんさん、こんばんは(^_^)v

こんなにたくさん木が倒れてしまうなんて
いまさらながらに大雪の威力を感じてしまいますね。
凄い自然の力ですけれど、それでも草花はちゃんと芽を出すんですよね〜
それもやっぱり自然の力ですね。


 Re ティーグさんへ

今年は倒木がかなり目立ちました!
もしかしたら三月の震災時にはここは大量の雪の中

大量の雪を抱いたままのところへ強い揺れ
それでかな? とも思っているんです!

 By はやちゃん
Posted by ティーグ at 2011年06月14日 20:37
こっちも竹の子とりで遭難者続出
北海道でも遭難してる人がいたよね
北海道は、あまり山菜採りには山に入らないよ、とくに深くまでは
春はデッカイ、ひぐまが起きて食べ物を片っ端から食べます、もちろん人間も・・・
で熊とバッタリって事はなかったのね?爆



Re みゆきんさんへ

自分の入る笹薮も ちょっと間違えれば蔵王の難所、仙人沢と呼ばれるところに入り込みます

自分が目印にした物が見える範囲でしか移動しないようにしています^^

 熊さんは、この笹薮の尾根が大通りらしく熊の糞が大量にあるところも ヒグマはいないので自分が熊の糞になる事はないと思うけれど・・・・(笑)

  By はやちゃん
Posted by みゆきん at 2011年06月15日 14:10
取れたのか・・?取れてないのか・・?
めっちゃ気になりますわ〜!!
しかし、かなり標高の高いところなんですね。
雪がまだ残ってるなんて〜。
しかも隈笹の背の高さにビックリです。
わたしなら迷子になりそう・・。


 Re shuutamaさんへ

隈笹は大きな物になると2メーターぐらいなります。
笹と言うより小さな竹ですね! 茎の部分もまるで竹なんです!

背丈の小さな笹薮には細くて小さな筍が そして太くて大きな笹薮には太い筍が出るんですよ!
それで、どうしても背丈の高い笹を探す事になるんです^^

 By はやちゃん
Posted by shuutama at 2011年06月15日 17:06
凄いところですね(・・;
私はとても行けません。

根曲がり竹って、食べたことがないのですが
美味しいのでしょうか?
続きを楽しみにしてます♪


 Re 幸さんへ

多分食べた事は有ると思いますよ^^
本名で言うと隈笹の筍「根曲がり竹」ですが
スーパーなどでも一年中、水煮のものが売っています^^

名前は 「細竹」や「姫竹」と書いてある事が多いですかね^^

 自分は孟宗竹の筍よりは好きです^^

 By はやちゃん
Posted by at 2011年06月15日 20:14
たけのこと言えば、孟宗よりこちらの方がピンときますね!甘辛く味噌でいためたのはサイコー!
―お恥ずかしい事に、私はもっぱら、スーパーや農協の直売所で買ってくるのがほとんどですけど…。



 Re こるごんさんへ

さすがこるごんさん!! 同じ郷土の出身(笑)

一般的には天麩羅でしょうが、家では竹の子ご飯がメインです
後は、御浸しなんかも意外とさっぱりして美味しいです^^

 もう一度行くので、その時にでもおすそ分け出切るかもです^^
如何せん自然が相手ですので、約束は出来ませんが(笑)

 BY はやちゃん
Posted by こるごん at 2011年06月16日 01:06
根曲がり竹って、多分、最近いただきました。

たくさんいただいたのですが、
柔らかい処と、硬くて食べられないのもあったのですが??

そんな事はないですか?



Re くろこ姫さんへ

有ります!! 生えたばかりの竹の子でも最初から硬い物が有ります。
家では料理する際に包丁をあてて硬かったら投げるようにと奥さんに教えています。
それと、小さくても白い物の方が硬く 見た目の堅そうなうす緑色の物が軟らかい傾向には有ります(全てではありません)

やはり自然の物なので、料理するサイ、皮を剥く際に硬そうな物は遠慮なく省いた方がよいかと・・・

  By はやちゃん
Posted by くろこ姫 at 2011年06月17日 12:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。