ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2010年02月17日

じつは、両刀使いなんです

自分は、俗に言う「両刀使い」です!

自分がまだ若く 毎日のように飲み歩いていた頃の話です。

場所は山形県でも一番賑わう繁華街 山形市七日町の一角です。

初めて入った時から凄く気に入ったスナックでした。

お店のメニューが所せましと店内に貼ってありました


「鯨の丸焼き 本日 売り切れ」


「ライオンのステーキ 

今、ライオンを獲りに行っています」



と、こんな感じのメニューが盛りだくさん(笑)

ユーモア満載のマスターでした!

このマスター 大の甘党

この日もマスターのお土産に 

常連のお客さんがマンジュウを一箱 

そこへ、最近に通い始めた若かりし頃の自分たちのグループが来店



「いらっしゃい^^」 


と言いつつ、ある悪巧みがマスターの脳裏に・・・

自分たちの嫌がる姿を見たいという思いが・・・・

そしてさも自然そうに もらい物のマンジュウを お通しとしてテーブルに・・・・

それもごく自然に置きカウンターの中へと一度は消えました

マンジュウを出された自分たちはと言うと

自分のブログによく来てくださる方は分かると思います。

実は、日本酒が大好き

けれど、甘いものも大好き いわゆる「両刀使い」と言うやつです  

   (^。^)

そして、その時のメンバーがみな両刀使い(笑)

出てきたマンジュウをさも普通に食べ始め、ついでに何個か帰りのおやつにポケットに・・・(笑)

あっという間に お皿は空

そんな事も知らずに(酒の席でマンジュウなど食うわけがない)と思い込んでいるマスターがニヤニヤしながら自分たちのテーブルに・・・

  (@_@;)

「全部食べたの!!!!」

「まだ一個も食べていないのに」   

    (-_-;)


可哀想に思った自分の連れがポケットの中のマンジュウをあげました  
マスターは何とか一個だけマンジュウを食べる事が出来ました!

そして、自分たちははしごで入った二件目のスナックでポケットのマンジュウを頬張りながら・・・・(笑)

マスターの自業自得と言う事で・・・・


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い





続きを読む


posted by はやちゃん at 20:35| 山形 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

末娘

カテゴリーに「思い出」を加えました!

すると、子供たちがまだ幼かった日々の出来事が次々と・・・

今ではブログも書くようになった末娘、今でもかなり面白い発想の持ち主です。

幼稚園に入ったばかりでしたかね〜?

一緒にスーパーに買い物に行った時でした

果物の所で立ち止まった娘

欲しい物でも見つけたのかと視線の先を見ると

そこには輸入物の大きなザクロが並べて有りました

始めて見た為に、興味を持ったのかと思い

「これはザクロと言うんだよ」と教えようとした時です

末娘が先に


「へ〜んな 玉ねぎ」


  (*^_^*)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


続きを読む
ラベル:末娘
posted by はやちゃん at 19:28| 山形 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

How do you do!

仕事中に中学時代の思い出が急に・・・・!

  (*^_^*)

市内からは少し離れた中学校に自分は通っていました!

と言っても市内の中心部に有る少子化の昨今の中学校などより、人数はいましたけれど

何故かその山里の中学校に外国から視察に来ることが決まりました!

その当日です、数人の外国からの視察団が自分たちの近くに寄って来ました!

外国の人を見る機会も少ない時代です。

まして山形の田舎の更に奥に住む自分たちです。

それが、アメリカかヨーロッパから来たであろう白人の人達がすぐ近くにいるのです。

一緒にいたK君 彼は至って普通の中学生です。

勉強も普通、素行も普通 本当に普通のK君

それが、日頃の彼からは考えられない行動をはじめました

何故か、その外国からの視察団の方に歩み寄り

その中の金髪の女の人に向かい にこやかに左手を挙げ・・・・


「How doo doo〜〜」

かなり緊張していたのでしょうね!

発した言葉が


「ハウ ド〜 ド〜 」

それでも、金髪の女の人は挨拶を返してくれました

しかし逃げるように帰ってきた彼には、自分たちが爆笑している声しか聞こえなかったでしょうけど・・・

   (^。^)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

続きを読む
posted by はやちゃん at 20:05| 山形 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。