ハンドメイド・ルアーにて検索・訪問された方は左側カテゴリー欄の ハンドメイド・ルアー  からお入り下さい
まだ記事は少ないですが時々、更新しています。

2011年07月27日

2011.7.22 前川ダム

今回は三連休なので一日目は、ノンビリしようと予定
蔵王温泉に浸かり、一日目は何処へも行かず早めに就寝 
しかし、夜中の三時半ごろに大きな地震!!
地震で目が覚め時間を見ると 釣りに行くのにちょうどよい時間^^
しかしこの日の朝まではノンビリすると決めていたので 再度就寝

実はこの日の夜に福島県の桧原湖へ出かけるつもりでした
そしてその日の夜
夜中ですが、そろそろ出かける時間

しかし出かけようとする寸前から 
わざわざ福島まで出かけ雨降りでは・・・
断念して就寝!
早起きして前川ダムへと行ってきました
 

そして今朝 7/27
・・・今朝は釣りに行くつもりで早起き・・・が、またもや雨

仕方がないので記事の更新でもしようと朝早くからパソコンに向かっている次第です

しかし・・・そんなこんなで前川ダムに昨日は行っていたわけですが・・・・
前回の前川ダムでの釣行記事がまだ・・・・!!
 (^_^;)

釣り三昧にて書きたい記事がたまりすぎ・・・(笑)
順不同の記事にはなりますが,たまっている写真を少しずつアップ
いつになったら追いつくのやら・・・

そのうち、書きたくともネタがなくなるんだけどね(笑)

2011年7月22日の釣行です
前回の記事 「どんでん平 ゆり園」に行ってきた、その日の午後です

「最近、前川ダムに行ってないな〜〜」
仲間内では前川の主と言われ 前川ダムをホームグラウンドにする自分です
「そろそろ前川ダムの釣行記事も書かなければ」
と変な使命感に燃え (笑)

前川ダムでのブラックバス・フィッシングです

入ったエリアは熊野ワンド
前川ダムの南側に位置するワンドでシャローが広がります
シャローの好きなブックバスですので 
近くにディープもあるために一年中バスがいるポイントの一つです

ここにはじめて入った人は、何処にルアーをキャストしたらよいか?
悩むエリアでは有ると思います

結論から言えば フルキャストで何処にでもです。
底の状態もブラックバス好みで ストラクチャーも点在しながら少しずつ 深くなっていくシャローですので 何処からバスが飛び出してもおかしくないのが 熊野ワンドです。

フルキャストしたペンシルベイトに
「何であんな所から??」
と悩んでしまうような場所からブラックバスが果敢にルアーにアタックしてきます^^

まだ太陽が高い位置にあったのでシェードのバスから狙おうと熊野ワンド西側に歩き始め
熊野ワンド奥にあるブッシュの中から始めました

タックルは ダブルハンドロッド ミデアムヘビーのベイトロッドに ノーシンカーのシャッドです
ラインはナイロンラインの16ポンドです。

・・・・今風にベイトフィネスです・・
別に最近のテクニックではなく昔からやっていたんですけどね^^
ベイトフィネス・タックルなんて呼ぶと新しい事をやっているみたいで(笑)

ブッシュがちょっときつい場所なので スピニングタックルではあっという間にラインブレークですし
ハードルアーでここを攻める人はいないと・・・
そうかと思えば トップウォータールアーが引っ掛かっている

まあ、トップで狙いたくなる気持ちは分かるけれど
ブッシュに入っているブラックバスって ブッシュ近くを引いてもなかなか出てこないので
ブッシュの近くをハードルアーで攻めるより テキサスリグやラバージグで直接ブッシュの中を打ったほうが早いですね! 
今回はノーシンカーですが落とすのではなく浮かせたいと言う意図もあったのであえてノーシンカーです。


アタリはあるものの小バスなのかブルーギルなのか全然のってきません 前回はこのブッシュから何匹か出したのですが・・

そして奥へ


今までは狙えなかったところが いくらかの減水で届くようになりました
しかし・・・キャストするのがかなり難しい・・・
(ーー;)

前川ダムにて.JPG

狙うポイントは赤丸の所です
写真ではそんなにカバーがきつくは見えないのですが
矢印を書いた所の全てが水面にかかっているカバーです

そして写ってはいないけれど 自分の立ち位置の左側にネコヤナギの木がキャストを邪魔します
気持ち的には赤丸の所へトップウォータルアーを入れたいのですが
ここでのキャストはロストを覚悟しなければ無理

トリプルフックのハードルアーでは・・ちょっと
キャストミス= 場を荒らして釣れないですから

ブッシュを打っていたWハンドロッドにロッドチェンジ
またもやベイトフィネスの出番です(笑)

フックを隠したソフトベイトですから カバーなんか全然怖くない^^
仮にミスキャストをしても フックが引っ掛からないので静かにルアーを回収することも可能です

しかし問題はどうやってキャストするかです・・・
スピニングロッドも有りですがなんとなくベイトロッドを持ったので(笑)

普通にオーバヘッドキャステイングではカバーが邪魔をしています
ピッチングやフリッピングでは左側にある(写真には写っていません)ネコヤナギが邪魔

幸いにも水面が右側 右利きの自分ですから右からのサイドハンドキャストの方が得意
しかし、これも写真では分かりませんが右側にはアシが生えているんです・・

一番手前のカバーと水面の間は50センチほど
狙うポイントまで最初のカバーから5メーター程あります
(写真で見ると簡単そうに見えるけれど きつかったんですよ〜〜)

しかしキャスト成功^^
思っていた所より少し手前でしたが、それでも水際に
(^。^)

何故赤丸の所かと言うと、倒木が有り後ろが岩
ブラックバスが身を隠せ 更に岸際に付くブラックバスですから^^

難しいポイントなので打たれたことがなかったんでしょうね〜
狙い通り一発で喰ってきました
少しロッドをきいただけで アタリもなく喰っていました!

大きく合わせをくれたら ベイトリールのドラッグが 

「キュウウウウ〜〜〜」

瞬間にでかいと^^
しかしラインは16ポンド! ロッドはミデアムヘビーのWハンドロッドです
フックが外れない限りはバラシはしません
場所も狭いので少し強引に寄せてきました

「ジャ〜〜〜ン」

2011.7.22 前川ダム.JPG


前川ダムでは久しぶりにいいサイズです^^
久しぶりなのでスケールを当てると 43センチ

「ちょっと嬉しかったのでもう一枚」

2011.7.22.JPG

ここ最近では一番の大物かもしれませんね!!

その後 このカバーの真横スレスレにハンドメイドのリップレスミノーをフルキャスト
ちょっとでも軌道がぶれたら間違いなくルアーのロストです・・・

一投目からアタリがガンガン
しかしのりません・・・と思った瞬間にのりました^^
30センチぐらい・・しかし針がかりが浅かったのか足元でポチャン
まあ手元近くまで寄せたので
「いっか〜〜」

ハンドメイドのリップレスミノー 市販にリップレスミノーは数有りますが
ほとんどがシンキングタイプ 自分が造ったルアーはフローティングのリップレスミノーです
これだとかなり浅い所でも使えるので ソフトベイトでしか狙えなかったような所でもばんばんキャストできます。 それにここ最近かなり当たっています。

ルアーのハンドメイドが出来なくとも リップの折れたミノーがあれば 捨てずに リップレスミノーとして使ってみると意外な釣果があるかもしれませんよ^^

使い方は ただ巻きでよれるような泳ぎをするのならOKです
それだとただ巻きもOKですし 軽いトゥイッチをくれてダイブするようなら
 トゥイッチングで曳けば立派なリップレスミノーとしてルアーがよみがえりますよ^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ ゴミ分別





posted by はやちゃん at 08:12| 山形 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

捜索願い!! そして引退??

企業の節電にて土曜日・日曜日が出勤となり 平日が休日
しかし、それでも15%の節電には届かず
休日が多くなっています!!

それなりに大変な状況ではあるのですが・・・・

「こんな機会は滅多になし・・・・^^」

釣りまくっています(笑)
今日7/26も休日となり、今朝には前川ダム(山形県上山市)へと釣りに出かけていました

しかし・・・ブログに投稿するつもりの記事が山積・・・
順に釣行記録をアップするつもりなので 今回は先週7月20日の釣行時の記事です。

釣り関係の記事は 検索にて入ってこられる方が多いので、 重ねて違う記事をアップしようとは思っています。
休日が多く あちらこちらと走り回っているので 書きたいことがたくさん(笑)

2011年7月20日
前日にも訪れた花森湖(山形県上山市)です

前日の釣行記事は    ↓  ↓
「またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム」
「前回の続きです。 またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム」

最近花森湖のパターンが分かりもう少し突き詰めようかと 花森湖を選んだのですが
前日とは打って変わり かなりの強風・・・・

当然と言うか、この日、西日本では台風六号が大変な被害を出していた日です。

それでも最初は得意の ラッキークラフト社のサミー85(ペンシルベイト)
釣り場に着いたのが午後の二時半ぐらいです、しかし自分の場合はほとんど時間に関係なくトップウォーターから始めます!!

トップウォータでサーチすると ブラックバスの活性が一気に上がる事が多々あります!
そんな意味もかねて最初にトップウォータルアーをチョイスします

しかし・・ルアーの様子がおかしい・・・
(ーー;)

実は前回の釣行時もサミー85で釣った魚はいるのですが、その時も動きが変だったんです
しかし
「トップウォータールアー(ペンシルベイト)の動きが悪くなるなんて有るはずがない」
そんな考えがよぎり、今回も前回に使っていたサミー85を使用

しかし、明らかにドッグウォークの動きがおかしい??
見ると浮き角度も微妙に違います

よくルアーを見ると腹部にかすかなヒビが入っています。
「こんな小さな傷で ペンシルベイトの動きが変わるなんてあるのだろうか?」
そう思うも明らかに動きが違います・・・
サミ−85は初心者でも簡単にドッグウォークが出来るルアーです。
それなのに自分の思うように動いてくれません
 
 (ーー;)
考えてみればだいぶ以前からその傾向が有ったような気がします
もしかしたら、トップでばらしまくっていた理由の一つがこれだったのかもしれません

ハードルアーと言えど平気で陸地にキャストする自分なので
(陸地にキャストして、陸地からから水に落とすのはバス釣りではかなり有効なキャストなので)

ルアーの耐久性に限界が来ていたのかもしれません

「長い間、付き合ってくれたサミー85」

サミー85 引退.JPG

フックによる擦れ傷や バスの攻撃による傷がたくさんついています
もう使うことはないのですが フックを外してタックルケースの奥へとしまいました

いつかタックルケースからこのルアーを出した時、その時々で釣れたバスの思い出がきっとよみがえります^^

そして、サミー85の変わりにと出したのがこれ

「自作ペンシル 7センチ」

ハンドメイド 7cmペンシル.JPG

と・こ・ろ・が〜〜〜

どうやったのか自分でも分からないキャストミス????
いきなりラインが切れてルアーは彼方へ・・・・・



実はこのペンシルベイトが捜査対象です(笑)
写真の通り黄変して見た目もかなり悪いです

しかしこれは自分がルアーハンドメイドを始めた頃の初期の作品です。
奇跡的にこのルアーは、初期の作品にしてはかなり出来が良く

度重なる釣行でボロボロに傷ついていました
それを修繕する為に再度コーティング!!
 
その結果が塗装の相性が悪かったのか、このように黄変してしまいました

しかし動きはよく、数々のブラックバスを釣上げたルアーです!
今月もこれで40センチオーバーを一本とっています!

まあ捜索といってもラインが切れルアーを見失った段階でそのルアーは諦めているんですけどね^^
もし花森湖で拾った方がいれば 
「何、この汚いルアー?」
と思うかもしれませんが、一度でもドッグウォークを試してもらえればこのルアーの実力が分かると思うので使ってもらいたいですね^^
手元に帰ってくればそれに越した事はないですけどね^^
もしそんな優しい方がいればコメ下さい^^

そして、この日は二本めのペンシルベイトまでを駄目にして
違うペンシルをと考えた頃には 波も荒くなってきました

こうなってはペンシルベイトではすでにアピール不足
(少々の波なら サミー100クラスだと問題ないのですが)
そこでポッパーの出番です!!

前回に「この状態でポッパーはない」と記事にしたばかりですが
波が荒く、水音の大きいこの状況ではポッパーやスイッシャーの出番です

しかし、直線的にポッパーを使う事をほとんどしない自分です
(よくビデオで見るような直線的なポッパーの使い方で釣れた事がほとんどないので)

自分の場合はポッパーもドッグウォークで使います
ペンシルベイトに比べてかなりスローテンポなドッグウォーク
自分で意識しなくとも、この使い方だと時おりポップ音も奏でます!

この使い方は、喰いの浅い時にはペンシルベイトより有効です!

「そしてすぐに出てきたのがこいつ」

2011.7.20 花森湖.JPG

ポッパーに果敢にアタックしてきました^^
トップに出てくる魚は元気がいい〜〜^^

「そして今回もやっと出ました40センチオーバー」

2011.7.20 花森湖にて.JPG

最近の花森湖のアベレージは35〜40センチ!!
最近のバスポンドではかなり条件が良いのかもしれません
それと、真っ黒なバスを目視しました!
もしかしたら・・・・ 

まだ生き残りがいたのかも(^。^)

最後に 

サミー85 出撃.JPG

古いサミー85に変わり 新しいサミー85 出撃です^^

これもたくさんの良い思い出を作ってくれる事でしょう〜〜


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ ゴミ分別
posted by はやちゃん at 13:43| 山形 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

前回の続きです。 またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム

前回の続きです

でかいバスをばらして以降アタリも遠のき・・・
時おり一瞬だけ雨が降ったかと思えば 妙に生暖かい強い風が吹き荒れます!!

台風6号の影響なのでしょうか?
風や雨は嫌でもないのですが 雷が怖い!!
先日も暫く雷がなっていたんです

こんな所で雷がなり始めた日には
カーボンロッドを数本持ち「落ちてきなさい」と言わんばかりですから(笑)

隠れる所が何にもないので、雷が来た日には直撃間違いなし(笑)
時間も早いのですが「花森湖」を引き上げることに
そして、以前から気になっている「菖蒲川ダム」へと車の進路を向けました

「菖蒲川ダム」

菖蒲川ダム.JPG

かなり以前からブラックバスはいました!
そして「菖蒲ダムにブラックバスがいるよ」との話を聞き
(正式名称は菖蒲川ダムですが、地元では菖蒲ダムと呼びます)
暫くぶりで育った故郷に近い菖蒲ダムを訪れた時

菖蒲ダムは渇水していたんです!
それ以降に釣りで訪れる事は有りませんでした


それからかなりの年月が経つのですが、また去年に
「菖蒲ダムで良い型のブラックバスが上がっている」
との話を聞いたのです

しかし、それは冬も間近に迫った日のことでした
山間にある「菖蒲ダム」に訪れはしたものの、すでに越冬に入ったのかブラックバスどころか 魚の生命反応すら感じられないような状態でした!
何度かキャストしたものの早々に引き上げたのが去年の暮れです

今回釣りをしてみて最初に感想から言うと

「菖蒲ダムはバスフィッシングをするのには面白くない。」

 (ーー;)


見渡すとブラックバスが着きそうなポイントは数多く有ります・・・・
しかし、入る事ができません!
以前・・・といっても数十年前(笑)
鯉釣りでこの菖蒲ダムに通った事が有る自分ですので 予想はついていました!

ダムの周りの傾斜がきつくてポイントに入るのが困難どころか入れないんです!
仮に入ったとしても、ポイントを次々に攻めていくバスフィッシングですから
ポイントを移動するだけでもかなりの時間を要します

尤も これから減水してダムの水位が半分ほどになれば状況は変わるかもしれません
現在は、ほぼ満水です!
「ダムの最上流域だと、どうかな?」
思いは有りましたが、あえて行きたいとも思いませんでした・・・・

と言うのは
菖蒲ダムについての第一投目です

降り立った場所でここが一番と思われるスポットの奥の奥にキャスト
かなり良い所に入った^^

すぐに・・・・・(ーー;)

多分捨てられたラインが蜘蛛の巣状になっているのだと思います
木の上を見ると 枝にまでラインが絡まっています

おまけに木の枝に「ハードルアー」がなっています(笑)
「オカッパリで入れる所は全てこの状態なのかな?」
そう思うとあえて上流へ行ってみようとは思いませんでした・・・

せっかく来たので
「一匹だけでも釣りたい」


「菖蒲ダムでの初バス」

2011年7月19日 菖蒲ダムでの初バス.JPG

20cmぐらいの小バスいじめ やっちゃいました〜〜
けれど、菖蒲ダムで始めて釣ったブラックバスです^^



以前・・・と言っても数十年前(二回目(笑))

鯉釣りで菖蒲ダムに通っていた頃 
13号のラインを切られた事が有るんですよ
その事を懐かしく思い出しました

磯の上物用の竿に大型のベイトリール
それにラインが13号で大鯉を狙いだしてから 数週間め

始めて当たった大鯉がなんとメーターオーバー
 
(@_@;)


手元から磯竿をへし曲げられ 何も出来ずに
「バッチン〜〜〜〜〜」

懐かしい思い出のある菖蒲ダムでした^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Gremz ⇒ 食物連鎖
posted by はやちゃん at 23:45| 山形 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

またまた、ラインブレーク!! そして菖蒲川ダム

久しぶりの休日のような気がします^^
夏場には熱所となる我が職場にて、数日前から体力の限界
仕事自体はたいしたことが無いのですが熱でドンドン体力が奪われて、ここ数日は帰宅するとすぐに就寝
ブログ訪問やブログ更新も出来ずに ひたすら寝ていました(笑)

その間には「なでしこJAPAN 優勝」 

快挙です^^

なでしこJAPANの佐々木監督が山形出身(山形県尾花沢市)と言うことで 地元山形では選手以上ではと思うほどに取り上げられていました^^
1958年生まれ・・・何気に同い年です
(^_^;)

いきなり結論から今朝は釣りに行っていました(笑)
そして帰宅後すぐにパソコンの電源を入れ 更にテレビのスイッチを入れ
ニュースを見ながらです・・・国会中継
またもや管直人総理大臣の退陣問題だけで終わるような馬鹿な国会審議かと横目でチラリ

ちょうど山形県選出の国会議員の近藤洋介氏の答弁
と思いきや 答えるは同じ山形県選出の鹿野道彦 - 農林水産大臣です・・・・

両議員とも
山形県でも最南端の米沢市出身です。
そして審議の内容はと言うと 

簡略すると

「米沢牛は汚染されていませんよ!」

と、いかにも同じ米沢出身の国会議員が示し合わせたかのような審議でした(笑)
示し合わせたかのような 示し合わせたんだろうな〜〜(笑)
米沢市は福島県との県境ですから 米沢牛を飼育する農家にとっては死活問題ですしね!!

そんなことも関係なしに早朝の四時には目が覚めたものですから・・・・
釣りに行く予定はなかったのですが、起きちゃったので(笑)

予定もないので、前回に良い思いをした花森湖へと車を向けました^^

「花森湖」

2011年7月19日 花森湖.JPG


前回より更に減水・・・満水時にアウトレットとなる排水路の周囲が地上となりました
花森湖はここからが面白くなります^^
今日は一投目のワンアクションに出て来ました^^

釣り場について一投目に出てくることはよくあります
ルアーは得意の サミー85
け・れ・ど・・・・・ やっちゃいました〜〜
軽くきいたつもりが ルアーに魚の重みがのらないまま一メートルほど移動・・・・
 (ーー;)

慌てずにドッグウォークを続けるも再度出てきてはくれませんでした・・
減水の為に前回に良い思いをしたポイントがかなり浅くなっています!!

見ると 鯉が数匹・・・・・!!

前回、ラインを切った犯人はきっと鯉だったんだろうとこの時は思いました
バスアングラーといえど プラッガーを自認する自分ですから、前回の入れ食いパターンは分かっているけれど・・・・・
サーチベイトとしてのペンシルベイトやミノーによるサーチ
最初の一投目にアタリ、そしてミノーにもアタック
しかしこれもアタリだけでのりません・・・・

ボウズは嫌なので、前回のパターンで何匹か釣ってから遊ぼうかとルアー&ロッドチェンジです。
今回もすぐに出て来ました^^
これ花森湖のほかの場所でも同じようなパターンを見つけられれば またもや爆釣間違いなしです!!

「最初は38センチぐらいかな?」

2011年7月19日 花森湖にて.JPG

「そして数投目に40センチジャスト」

DSCF0854.JPG



「そして」

DSCF0855.JPG


40センチ前後のブラックバスが面白いようにアタック

数匹のブラックバスを釣った所でまたもや

「キリ・・キリ・・キリ・キリ・キリ・キリキリキリキリキリキリ・・・・」

何とか最初の引き込みを耐えて数回リールのハンドルを巻くとまたもや
「キリ・キリキリキリキリキリキリ」

ロッドを根元までも締め込み抵抗します

「デカいぞ〜!! 鯉かな???」

何度かコレを繰り返し魚体が見えてきました!!

「ワ〜オ デカイ!!」
思わず声に出しました!!
しかもブラックバス!!

まだ水中ですが、自分から見える魚体は50センチは楽に越えています!!

「前回もこいつか〜〜?」
ふとそんな思いが頭をよぎります

そして、減水した事で底に沈んでいるコンクリートの壁の角が見えています・・・
「あそこに行かれたらまずいな!!」
そう思うも魚を寄せてくると必ずその場所を通ります・・・・

予感的中でした・・・・・・
すでに魚体が見える位置でファイト

思ったとおりにそのデカイ ブラックバスはコンクリートの壁の向こうに逃げ込もうとしています。
見えているので何とか向きを変えようとロッドを立てるも
最後の抵抗なのかまだまだ余裕があったのか

一瞬でロッドを根元までも絞込み 
リールのドラッグ音がけたたましくなるも 

「まだ大丈夫」

思った瞬間です!

急にラインのテンションが途切れました・・・・


あげていれば久しぶりの50センチオーバーだったのにな〜〜

 (ーー;)


長くなったので次回へ続く


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコマーク
posted by はやちゃん at 12:56| 山形 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

またまた爆釣 花森湖 2011年7月13日

今日、7月16日・・・
世間は三連休へと突入かと思います
しかし、土曜、日曜、祭日は企業節電の対象外の日です

そんなんで本来あったはずの三連休 
自分の三連休はなくなりました・・・・・・
 
  (ーー;)

もっとも、土日祭日が勤務日となったので平日に釣りをできているわけでも有ります
それで水曜日が休日だったわけで 前日からウキウキと釣りへと行く予定を立てていました
予定としては蔵王にある「鴫の谷地沼」
朝早く出かければ観光客もいまいと思っていました・・・

そして翌朝

「朝焼け」

朝焼け.JPG

この時点で予定より少し遅れてしまいました!
出来れば暗いうちに着き、周りが白み始めた頃にはロッドを振っていたかったのですが
車へと乗車した時にはすでに周りが明るい・・・

この時間から、蔵王へと走ったのでは美味しい時間帯が過ぎるので 急遽予定変更して「花森湖」へと車を走らせました!

花森湖に着いたのがちょうど午前四時ぐらいでした
すでに回りはかなり明るい・・・・!!

いつもの駐車スペースへと車を進めると
「アレッ!!」
平日の早朝と言うのにすでに車が二台・・・・

フィールドを見渡すと4〜5人のバスアングラーとおぼしき人影
自分が入ろうとしたポイント全てに先客がいます!

仕方なしにいつもは入らないポイントへと向かいました!
しかし、最初のポイントではアタリすらありませんでした

先行している方達はどうやらグループのようで広いポイントに散らばってはいるのですが、大きな声で話をしながらの釣りです・・・

「せっかく早く着たのに わざわざプレッシャーをあげるようなことをしなくても・・・」
そんな事を思いながら、そしてそれも考慮に入れて新たなポイントを思案し始めました!

すると、一番入りたかったポイントにいる方が移動を始めたのでそちらへと向いました!

近くまで行くと 
「ポコン・・・ポコン・・・ポコン・・・・・」

ポッパーを曳いている音が聞こえます
バスフィッシングのつり方に間違いはないけれど、そして早朝にトップウオーターは有効です、しかし「ポッパー・・・!!」

  (ーー;)

自分が入ろうとしていた場所の方がポッパー専門・・・・
コレは、場所をずらした方が良いと判断しました
ポッパーは間違いではないですよ 一匹だけを獲りたいのなら
しかし早朝の一番美味しい時間帯には「ちょっとね〜〜」
ポップ音を出さないドッグウォークなんかの使い方が状況的には良かったと思うのだけど 
まあ人それぞれですから(笑)

歩きながら湖面を見ているとそこかしこでボイルが有ります
しかし先行していたグループの方たちにヒットした気配はありません
「荒らされちゃって今日は厳しいかな・・」
そんな思いがよぎりました

ふとそんな時、またもやボイルが・・
すぐにボイルのあったところにキャスト

「本日の一匹目〜〜」

一匹目.JPG 前回の釣行時にそのまま結んであった サミー85です。
小振りですが綺麗なブラックバスです^^
一匹目はトップで^^
先行していた方のトップ狙いは間違いではないんですよ
しかしルアーの扱い方に問題ありです。

ポッパーは圧倒的なアピール力が有ります
それをあえてアピール力を抑えた使い方をしていれば 釣れたんでしょうけどね〜!

しかし、この一匹でアタリすらもなくなりました!

「日の出も間近です・・・」

日の出まであと少し.JPG

さすがに焦りだし、このポイントに見切りをつけ移動を始めました!!

すると、一箇所だけ頻繁にボイルの起こる事に気付きました!
暫く眺めてはいたのですが、何故そこでボイルが起きるのか分かりませんでした!

とりあえずボイルが起きた時に サミー85をボイルの起こった所へキャスト
しかし、ルアーを追う気配すらありません・・・
コレだけボイルが起こるのに
「なんで〜〜??」


それで暫くキャストをしながら様子をみました
その間も足元を40センチ前後のブラックバスが泳ぎまわっています
しかしルアーへの反応はないのに時おりボイルが起こる????

「!!!!!!!!」
その時、気づきました^^
ボイルを起こしていた原因 \(^o^)/

すぐに、ルアー交換です!
それと、そのボイルが起こるのと似たような状況を作り出せばいいわけです!!

結果は

「この一本が始まりでした」

コレが始まりでした.JPG いきなり40アップです^^

そして

いいところにフッキング.JPG

はい、丸呑み.JPG

40センチ前後のブラックバスが入れ食いです^^

デカイ口.JPG


花森湖のブラックバスは何故かひきが良いんですよね〜〜
そしてこのとき 一体いつ以来になるのか

ラインブレーク!!!

  (ーー;)


ラインは4ポンドのフロロです。
以前には同じタックルで70センチ近い鯉を獲った事もある自分です

その当時に使っていたリールよりも性能はよく ロッドもその当時に使っていたものと同じアクションですが 古い当時のロッドとは比べ物になりませんし、何よりその頃はナイロンの4ポンドだったと思うんですよ! それがフロロの4ポンドが切られちゃいました・・・

  (ーー;)

この場所に壁のようになっているコンクリートが沈んでいるので最初は「擦れてやられたかな」
そう思ったんですが 結び目で切られていました!

自分が見つけたパターン・・・
ブラックバスだけでなく他の魚も寄っている可能性が大です。
多分大きな鯉だったのかもしれませんね!!

数えてはいなかったのですが パターンを見つけ釣れ始めてから一時間ほどで35〜40センチぐらいのブラックバスを10本以上は出したとおもいます^^

そのパターンは 自分で見つけてください^^
(写真にちょっとヒントがあるかな(笑))

最近の花森湖はいつ行っても釣り人が多くて・・・
自分がブログで書きすぎたかと少し後悔・・・
コレでまた人が増えるかのな〜〜〜

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 省エネ
posted by はやちゃん at 23:18| 山形 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

前川ダム 2011年7月8日

実は今日7月の13日は久しぶりの休みだったので 早朝から釣りに出かけていました!
けれど前回7月8日の釣行時の記事がまだなので前回の記事からアップします

またまた釣り(ブラックバスフィッシング)に興味のない方ごめんなさい
  m(__)m

この日の早朝は雨が降っており 釣りに出かけたのは普段なら会社へと出勤する時間帯
会社へと急ぐ車の渋滞の列で自分だけがジーンズにTシャツで釣り場へと向うのがなんとなく気まずいような(笑)
もっとも15%の企業節電で土曜、日曜と仕事をしていたんですよ!

車の渋滞を抜け前川ダムへと着きました
しかし、いつもなら平日でも道路上にたくさん駐車してある車がかなり少ない・・・!
もしかしたら、平日に釣りを出来る方達は雨の日にまで釣りをしなくてもいつでも出来る方達がほとんどなのかな〜
ふと頭の中をそんな思いがよぎりました

この日は曇り空

「前川ダム 2011年7月8日」

2011年7月8日 前川ダム.JPG

そして風です!!
曇り空の日のバスフィッシング!!

実はちょっと苦手です・・・

 (ーー;)

真夏のカンカン照りの日中とかよりも 自分としては苦手です!
釣りをする方なら 
「曇り空の日の釣りなら釣れるだろう!」
そう思われるでしょう〜

確かに曇り空の方が一般に魚は釣れると思います
しかシェードを好むブラックバス特有の訳が有ります

陽が照っていれば、ストラクチャーに着いており 更に太陽の方向からバスがストラクチャーのどの位置にいるか大体は想像がつきます!
しかし、曇り空の場合
湖の全てがシェードとなるので魚がいる場所を特定する条件が減ります

 ルアーを何処にキャストすればいいのか?

四方八方にメチャクチャに投げていたのでは、釣れる確立はグンと減ります
多分丸一日キャストしたとしても 一匹釣れるかどうか・・・

それも昔からのバスアングラーがよく使う言葉
「それは釣ったのではなく釣れた」

やはりバスフィッシングは考える釣りですから、自分の思い通りに釣れた方が気持ちもいいですしね^^

前川ダムなら満水状態で湖底が見えなくとも何処にストラクチャーがあるかを知っている自分です
しかし曇り空となるとストラクチャーについている可能性はかなり減ります

まあそれなりにバスを探す方法は有りますが、情報量としては少ない条件で探す事になります

この日はボイルもないし サーチベイトとした投げたルアー 
ペンシルベイトのサミー85 にも フローティングミノーのパニッシュにもアタリは有りませんでした!

これは基本どおりに行くしかないと判断
足元のストラクチャーを一つ一つ調べようかと・・・
とりあえずの一匹を釣れば その魚から情報は得られます

ハードルアーを好んで使う自分ですが、一応はバスアングラー こんな釣りもたまにはします

「ラバージグ トレーラーはゲーリーのグラブ」

ラバージグ トレーラにゲーリーグラブ.JPG

最近はトレーラーにシャッドやクローが多いようですが この日は用意していなかったのでオールマイテイなゲーリーグラブです。 
ラバージグは自分の手巻きです^^

何気にラバージグもハンドメイドするんです

 (^。^)
降り立った足元からひたすらにフリッピングやピッチングを駆使してストラクチャーを攻めます

足元のストラクチャー

前川ダム ストラクチャー.JPG

ここに大きな岩が沈んでいる事を自分は知っているのですが、この写真ではわからないので 偏光グラスを通して撮影してみました

「偏光グラス越しに同じポイントを」 

偏光」グラス越しに.JPG

これでわかるでしょうか?
小さな石に見えますが 直径が一メータ程の大きな石です

この石の前後左右とラバージグを落とし込んで探っていきます
自分の場合は、一回ずつ落とし込んでいきます

底まで沈めて ワンアクション
元気のいい奴がいれば、フォールしているうちに食ってきますので ネチッコク攻めることはしません

一度打ってアタリがなければドンドン移動します!
やっとアタリを見つけても続かないことも多々あるので、フォローベイトも用意しておきます
フォローにはその時々の判断で変えるので 「コレ」 と書くのは難しいのですが 自分の場合はノーシンカリグやスプリットショットリグが多く
それでもバイトがない場合はダウンショットやネコリグですかね

もっとも、どうしても一匹が欲しい時(ボウズだけは避けたいので(笑))ですが

そしてこの日も、どうしても一匹が欲しい時 (笑)
やっとアタリを見つけたけれど後が続かない

暫くたってからフォローベイトにスプリットショットリグをキャストしてやっと一匹目をキャッチです

「2011年7月8日 前川ダムにて」

2011年7月8日 前川ダムにて.JPG

この日はコレ一本だけ・・・
何とかボウズだけはまぬがれました(笑)
 (ーー;)




そして今朝 7月13日 結果から言えば 35〜40センチのブラックバスを10本は出したでしょうか^^

蔵王の鴫の谷地沼を予定していたのですが車に乗った途端の予定地変更
爆釣とまではいえなくとも、まあ入れ喰いでしたかね^^

それはまた次回と言うことで


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


Gremz ⇒ 省エネ
posted by はやちゃん at 18:44| 山形 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

2011年7月6日 前川ダム

またまた釣りの記事です・・・・(笑)
自分がもっとも得意とする、ホームグラウンド 前川ダムから(山形県上山市)

「前川ダムにて ブラックバス」

2011年7月6日 ブラックバス.JPG

この日も前川ダムは超の付く満水状態でした。

2011年7月6日 前川ダムにて」

超満水 2011年7月6日.JPG

例年通りの水位だと写真の水際の草から10メーター程 湖底が露出しているでしょうかね!!
現在は車の立ち入りが禁止されていますが 以前だとこの写真の辺りに車を停められました^^

しかし満水ならではの面白さも有ります

前川ダム 2011年7月6日.JPG

ブラックバスを狙うには絶好のシチュエーション^^
当然のようにここからは数匹のブラックバスをゲット!!

満水なので長靴を履いての釣行ですが、「本気モード」の時の自分は水の中に立ち入ることをしません!
「釣れるには釣れるわけが有ります」

前川ダムを初めて訪れたほとんどの方が

「釣れない〜〜 スレテル」
と口をそろえます(笑)

確かに有名フィールドにありがちで かなりスレテはいます(笑)
けれど、決して釣れない訳ではありません!

実はこの日はカンカン照り! しかも、お昼近くの時間でした!
それでも条件が揃えば

「最近の前川ダムではまあまあかな^^」 

2011年7月6日 前川ダムにて.JPG セオリーどおりにちゃんとでてきてくれます^^

実は、この写真の所に行くのにはブッシュの前を漕いで行くと直ぐの距離です!!
しかし「本気モード」の時は 長靴を履いていても 水の中に立ち入る事はなるべく避けます!

普通でさえプレッシャーが高い前川ダムです。
魚に余計なプレッシャーを与えたのでは釣れる魚も釣れなくなります

前川ダムの場合
一つのスポットから一匹だけ釣れるのがほとんどです。
「え〜〜?? 同じ所で粘って何匹か釣ったぞ〜〜」
そんな方もたくさんいるとは思いますが・・・・自分の言うのは

デカイ奴です!!

その一匹に自分の存在を知られたくないので、あえて遠回りをしてポイントに入ります!
まあ40センチ以下のブラックバスを相手にして バスアングラーを名乗りたいのなら
そんなに気を使わなくとも釣れると思いますよ(笑)

けれど前川ダムには

「60センチオーバーのブラックバスがいます」

何匹獲ったのかか忘れたほどの50センチオーバーのブラックバスを手にした自分ですが
60センチオーバーのブラックバスは数匹だけ!!

60センチオーバーのブラックバス、それは全て前川ダムでの釣果です。
釣り方やポイントは全て頭の中に入っていますが、それは自分で探してみてください!

只、60センチオーバーのブラックバス 釣り方やルアーがバラバラだった事
なので、誰にでもチャンスは有ると思いますよ!

長くなったけれど、言いたいのは そのチャンスを自ら逃している方が多数見受けられると!!
ブラックバスは本来は岸際に付いている魚です。
それは大きくなっても同じで

それを水の中をザブザブ漕いだのでは 一つのエリア全ての魚の緊張が一気に走る事は安易に想像できると思うのですが・・・

なるべく魚に気取られない釣りをしていると、この日はこんな事も有りました

「巨鯉 推定3尺ほど 」

前川ダムにて大鯉.JPG

巨大な白い鯉です それが目の前をゆったりと餌をついばみながら泳いでいます^^
1メーター程の目の前を泳いでいたので、気づかれないように 静かにコンデジを構え写真を数枚^^

もし水の中に入っていたら、絶対にこの巨鯉は姿を現すことさえなかったでしょう^^
そしてこの巨鯉に寄り添う魚影 
残念ながら写真には写っていなかったのですが、この鯉の半分以上の大きさがあるブラックバス

時おり 巨鯉の近くを泳いでいました!
この鯉が三尺 今風に90センチぐらいです!
それの半分以上ですよ 軽く50センチは超えていると思います^^

もっとも鯉が巨大すぎて小さく見えましたが(笑)

当然、狙いましたよ^^
サイトフィッシングですが・・・違うロッドに変えようと動けば絶対に逃げる

 (ーー;)

結局は逃げられたけれど(笑)

前川ダムのバスたちにこの日も存分に遊んでもらいました^^
やっぱ平日は釣りやすい^^

土日なら「本気モード」で釣りをする事すらありえないし・・・
攻めたい場所には常に人の影ですから・・
 (ーー;)


そして帰り道

「国道13号線から 蔵王山を望む」

前川ダム入り口から蔵王山を望む.JPG

前川ダムを背に 下りきった所が東北の主要国道 国道13号線です
その13号線の入り口となる信号から 蔵王山が見えます!!

信号の所の看板の上にゲレンデが二本 見えます!(写真をクリック 戻るで戻ってください)
それが上山市の坊平ゲレンデです

そして、向って左側 手前の山の上のほうにも幾つかのゲレンデが見えます
こちらが、山形市の蔵王温泉ゲレンデです^^

山形市と上山市の両方のゲレンデが見えるのは、多分ここだけかもしれません


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコアクション
posted by はやちゃん at 18:58| 山形 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

7月4日 花森湖

7月4日・・・ハッキリ言って嫌いな日
思い出したくないことが思い出され、自分にとってはちょっとトラウマの残る嫌な日かな

それはさておき 7月に入って最初の平日に当たる休日が前回の記事の日です
平日で大雨後と言うのに多くの人がいたんです

そして7月4日 再度平日の休日!!
数日前の記事に書いたとおり メチャクチャな勤務日程です。

当然に行ってきましたよ バスフィッシング

それも前回に超満水だった花森湖!!
前川ダムは大雨の前から満水で水の減る気配のほとんどないところへあの大雨
一方、花森湖は結構早いスピードで水が減りつつあった事を確認していましたから、先に水位が下がるのは 花森湖だと思っていました!

「7月4日 花森湖」(山形県上山市)

花森湖 減水後 .JPG


これは前回の記事の写真と見比べてもらえればわかりますが
前回よりかなりの減水 写真のゴロタ石のある所から前回は多くのブラックバスを釣っています

それで今回も、ここから攻めることに

タックルはかなり迷ったのですが

「7月4日 花森湖でのバスタックル」

7月4日のタックル.JPG

前回からの稚魚を食べているパターン攻略で ロッドは四本 オカッパリでは多いです
だいぶ迷ってのロッドチョイスです。
いつもよりスピニングロッドを一本多く持っています
日が登ってからの稚魚だけを食べている バスの攻略ようです^^

朝一の一投目は 写真に写っているブッシュの際へ ハンドメイドのペンシルベイトです
そして二投目 更にブッシュの奥へとキャスト!!

トップウォータールアーの落としどころにピタッっと入りました
これはトップウォータールアーのセオリーどおりのアクションが有効

波紋が消えるのを待ちワンアクション(ドッグウォーク)

・・・・・出ません

「ナイスキャストにバイトなし!!」
頭をかすめるこの言葉(笑)

ワンアクションでアタリの無かったルアーをいつもの如くドッグウォーク
と次の瞬間 

    「 GO BO・・・・  」

「 40センチ ジャスト」

ジャスト 40センチ.JPG  最近トップウォーターでの釣りでばらしまくっていたので
重みがかかるのをゆっくりと待ち 重みがかかってから丁寧にあわせました!!

トップウォーターでバスが出たときのあわせ方です
水面にバスが飛び出すと反射的にあわせてしまうんですよね〜〜!
それだと、九割がたのBassは針にかかってはくれません

そこでトップウォーターでの釣りは 必ずロッドにバスの重みがかかってからゆっくりとあわせる!
これが大事です!!
わかってはいるのだけど、何か違う事を考えながらルアーを操っていると
不意に水面に出てきたバスに対処できなくて 何度逃がした事か・・・(ーー;)

トップウォータールアーを操る時は、水面で釣りをしている事を心がけないと痛い目にあいます(笑)

トップウォータールアーに出てきたのに、乗らないときも結構あります!
見ていると、この時点で ルアーを早巻きして戻していしまう方がいます

しかし、トップに出たときには慌てずに そのまま「ドッグウォーク」

一度で乗らなくとも 2度目、3度目でのる事もよく有ります!

ボイルを見つけたときだとしたら!!
そこへキャストするでしょ〜^^
一度目のバイトがボイルとすると

しかし、この場合ルアーはそこに有るのですから!
絶好のチャンスだと言う事は想像できるのでは^^

と長くなりましたが二投目で40センチをキャッチです^^

その後も数匹を釣るも陽が登るに釣れバイトが止まります

そこで、用意したスピニングタックルの出番です
前回に3インチのシャッドにだけは何とか釣れました
(プラッガーとしては不本意だけど・・・)

そこで、ちょっと試したい事がありました!
それは2インチシャッドの超デッドスローでのタダ引き・・・・

稚魚だけは食べているので、マッチザベイトです(笑)

結果は大当たり
30〜40センチクラスが面白いようにアタック!
けれど、問題が・・・・


これは〜〜〜.JPG

超の付くスモールルアーの使用です・・・
このサイズのブラックバスが20〜30匹は釣ったでしょうか
  (ーー;)

小バスどころか子バスです・・・

ちょっと味を占め、前川ダム(山形県上山市)でもこのタックルを使ってみました!!
結果は後ほどの記事で(笑)

しかし何とかこれをハードルアーで再現できないかな〜〜

デッドスローで引けるハードルアー・・・
作ってみるか〜〜^^


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ エコバッグ
posted by はやちゃん at 15:20| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ベイトフィネス

最近よく耳にする言葉 ベイトフィネスフィッシング・・・・
自分が思っていたのとはちょっと違っていました!!

この日、7月1日
7月に入り最初の日 平日ですが自分は休日でした

例の

「15%節電  違反した企業は 100万円以下の罰金」

これの影響です!
テレビでは 山形県知事の吉村 美栄子氏が
「山形県内の500Kw/h以上使用する大手企業380社が7月から9月10日まで15%の節電をおこないます」
と言っていました

「うちは大手企業じゃあ ないのに・・・」

 (ーー;)

そうです15%節電の影響で、勤務状況がガラリと一変
7月一日は金曜日なのに休日となりました! 

平日に釣りに行けるのなんて久しぶりと
ブラックバス・フィッシングに思いをはせながら早めに就寝!
とは思うものの実際には結構な時間(笑)

目覚まし時計を使うことなく ほとんど思った時間には起きる事ができる自分です
目覚まし時計をセットすることなく就寝

まだ暗いうちにウツラウツラと・・・・・

 (ーー;)  雨 !!!
雨では仕方なしもう少し寝るか!と思うこと数回

雨が上がった頃には、かなり陽が高く上っていました!
それでも平日に釣りに行けると 車を走らせました^^

最近は雨が上がっても蔵王の山はスッポリと雲に隠れ その姿を現しません
この季節は仕事柄、汗疹に悩ませられる自分 
皮膚病に非常に高い効能が有る蔵王温泉へと通う事を欠かせない自分!!
蔵王の御山の状態が気になり横目でチラチラと見つめながらの移動です(笑)

先日に見た前川ダムでは難しい釣りになる事が予想されるので目指すは花森湖です
花森湖への横道を入りすぐに異変

花森湖 西側ダムサイト.JPG

この写真! 川ではありません 道路です

わが愛車 マツダ・トリビュートならこのぐらいは平気なのですが
ちょっと嫌な予感もしましたので、ダムサイトには行かずに 西側にあるシャロー
浅瀬の水が出ても危険でないエリアを選びました!

しかしそこも

花森湖 超満水.JPG

平常時の満水なら、このブッシュの手前を歩けるのですが・・・
「どう攻めようか?」
と考えながら移動を始めると あっちこっちでボイル!!!
更には、このブッシュの中にかなりの数の大きな魚影!!!

それと、昨夜の雨の影響で薄っすらと濁りが入っています!
普通なら超クリアーなこの湖に濁りが入り 魚の活性が一気に上がったのかもしれません^^

時間的には陽が上りすぎてはいます
しかし、迷うことなくペンシルベイトをチョイス

自作の「ハンドメイドペンシル 7.5センチ」です
予感的中です^^
ペンシルの後ろに魚影が・・・・

「うん? ちっちゃ〜〜」

小バスが群れでペンシルの後ろに・・・・
 (ーー;)

さっきのデカイ魚影は・・・と探すと

どうやら魚影の正体は 鯉
結構な数の鯉がブッシュの中に入っているようです!!

当然にデカいブラックバスもこの中にいるはずです。
普通デカいやつは、一番いい場所にいます。

もしくは ブッシュの一番多い所からポツンと離れたストラクチャー

まずは、核心を攻めるより散らさぬように周りから行こうかと離れたブッシュの周りをミノーで攻めるもアタリが無い??
バスのボイルは数多くあるのに??

試しにと、スピニングタックルへとセットしてあった、3インチのノーシンカー リングシャッド

ボイルの真ん中へキャスト!!!

DSCF0752.JPG


「ちっちぇ〜〜〜」

正体はこれか〜〜

それならどうすると考えながらもロッドをしならせるのは


DSCF0751.JPG

いくつでも出てくる・・・・

(*^_^*) 結構おもしろいかも(笑)

周りをほとんど攻めたので 核心へと
ベイトロッドに持ち替え ハードルアーでは探れない ブッシュの奥へクローをノーシンカーでピッチング

しかし、アタリらしいアタリがこれといって無し

実はベイトロッドで軽いルアーをキャスト

これがベイトフィネスだそうです。

バスワールドに付いてきたDVD
沢村幸弘 バスプロによる ベイトフィネスのDVD でした。

実はベイトフィネスと始めて聞いたときに思ったこと
「スピニングロッドでのセコ釣りを ベイトロッドでやる」
それがベイトフィネスだと思っていました

しかし 沢村幸弘プロの釣りを見ていて思ったこと・・・

「なんだ〜!昔からやってきたことじゃん」

「ベイトフィネス」自分たち世代のバスアングラーなら昔からやってきた釣り それを今風な名前にしたのが ベイトフィネス(笑)

最初からスピニングタックルを持った世代の方には新しいテクニックかもしれないけれど

「バスフィッシングはベイトロッドでやるもの」

そう信じ込みバスフィッシングを始めた自分たち世代は 7センチ程度の軽いフローティングミノーさえもベイトロッドで投げていたのですから
 今更軽いルアーをベイトロッドで投げる釣りの事と言われても新しいテクニックでもなんでもなし

時にはバルサ製のラパラのフローティングミノーさえもベイトロッドでキャスト
しかも、古いベイトリール
現代の洗練されたベイトリールとは訳が違います!

シマノ・バンタム100.JPG

 「シマノ・バンタム100 マグキャスト」

シマノがベイトリールを始めて作った頃のリールです。
これはシマノの二期モデルで当時は始めてのマグキャストモデルだったと思います

今も現役です(笑) ^^

このベイトリールにシングルハンドのトップウォーターロッド
これで軽いフローティングミノーから 重めのラバージグ
更にはバイブレーションルアーから ディープクランクまで

そして当然 トップウォータールアーそしてノーシンカーのグラブ等と全てのルアーを投げていたのですから

今更ベイトフィネスと言われても・・・・
DVDから学ぶ新しい事は何も無く・・・・
ちょっとがっかりのDVDでした・・・・

最後に満水状態のダムサイトは非常に危険です

この日も 警察やダム管理事務所の方が警戒に当たっていました
なかには警察の方と口論しているやからも・・・!
 (ーー;)

あくまで釣りは遊び 常識で考えて釣りを楽しみ危険と思われる所には立ち入らない
常識で考えてです!
「自分だけは大丈夫」なんてのは通用しません!

これを守れない方は ダム等での釣りをする資格が無いと思ってください
警察の方や管理事務所の方に注意されるような方が増えれば 釣り自体ができなくなる事さえある事を覚えておいて下さい

ルールを守り真面目に釣りを楽しむ方の迷惑になります

再度繰り返しますが

これを守れない方は 「ダム等での釣りをする資格が無い」自分はそう思います!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


Gremz ⇒ 絶滅動物
posted by はやちゃん at 21:44| 山形 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

なんで〜〜な 一日

あるホームページを見に行きました!
すると見たことのある写真が幾つか有ります。

「これは、もしかしたら!!」

写真をクリック
やはり自分が撮った写真であり、ポップアップで大きな写真が写されたその上には

「趣味人 はやちゃんの日記」

思いがけない所で自分の写真を目にし、更にブログタイトルまで紹介されていました
 
 (^。^)

他の写真も自分が撮った思われる物に次々と 「趣味人 はやちゃんの日記」と書いて有ります!
そして、一番最初に自分が

「自分の写真では??」
と思った写真をクリック
その写真には、自分のブログタイトルが有るどころか、ライブドア○○○の文字が・・・・

 (ーー;)

もしかしたら似たような写真かもと(実際はかなり特徴のある写真なので覚えていた)一応は考え直し
自分が過去に撮った写真を調べてみました!!

 (ーー;)

同じでした、ただ違う所が
自分が撮った写真は横長だったのですが、そこにあったのは縦長

これ、自分が撮った写真を誰かが細工して流用
それを知らずに、このホームページの管理人が更に流用
  (ーー;)

自分が撮った写真に、余りこだわりの無かった自分ですが

「なんか、面白くない・・・・」

      (ーー;)


そんな、理由でこれからの写真には、なるべく「自分が撮った写真である」と言う証拠を入れておこうと思い今日の分からブログタイトルやURLを入れることにしました!

そんな事が昨夜あったのですが
心は既に釣り場・・・・(^。^)

ちょっとデカイサイズのBassが釣りたいし
「明日は前川ダムに行こう」とそそくさと準備をして就寝!

2011.6.26 3;56.JPG

コンビニで買い物をしている時には、車の時計が もう3;56分
暗いうちに家を出たのに、薄っすらと明るくなり始めました!

「前川ダム 夜明け」(山形県上山市)
やまがたけん かみのやまし 


20116.26 前川ダム 早朝.JPG

実は(かみのやまし)を(うえやまし)と紹介してた所があったので ひらがな を付けてみました(笑)・・・

釣り場に立って 釣り場に普通に立つ事が出来ませんでした
(ーー;)

梅雨入りしてすぐの大雨の影響です
前川ダムの水位が急上昇
超 満水状態です!!

釣りをする為の足場を探すのでさえ困難な状態
最初に入ろうと思っていたエリアには、既に先客がいました

普段なら5〜6人程度は入れる場所なのに 2名ほどいるだけで足場がありません。
「ウエーダーでも持って来れば」
と思うも後の祭り  (ーー;)

仕方なしに写真の場所まで移動
このエリアに通ずる車を停められるような広い場所に車はありませんでした!

「ここには人がいない」
と降り立ったものの この写真を撮るのでさえ水の中に立ち込んでいます

一番美味しい時間なのに、成す術も無く撤退です。
そう判断するまでに一時間ほどが費やされ・・・
その間に一度も当たりは無し

そこかしこでボイルがあるのに、その場所へキャストする事が叶わず
 (ーー;)

前川ダムに一番近い 野池にでも行こうかとも考えたのですが、花森湖まで足を延ばす事にしました!

   「山形県上山市(かみのやまし) 花森湖」
2011.6.26 花森湖 早朝.JPG

実は前日の夕方に来ていました!
数匹は釣上げたものの、納得の行かない釣りだったんです!
魚の状態は把握出来たのですが、それにどう対処したらよいかわからず・・
 (ーー;)

なんとなく釣上げたものの、困っていたんですよね〜〜

Bassはひっきりなしにトップに出てきて在る物を食べています。
それは、今まで花森湖では見た事のない光景なんです。

足元に無数の稚魚が・・・・
しかもかなりの数です

その1センチにも満たない稚魚を食べているようなんです!
普通サイズのミノーを引いても反応しません・・・
(ーー;)

困って3インチ サターンのノーシンカー
自分が持っている一番小さなルアーです

何とかこれで釣れはしたものの、サイトフィッシングで無理やり喰わせました!
ほとんどがリアクションバイトを誘発させての獲物です

それで、この稚魚を食べているパターンを攻略できた訳ではないので前日との同じパターンにかなり悩みました!
釣る事は出来ても自分が好む釣り方ではないので・・・・

フライで使うストリーマーなんかだと喰ってくるとは思うのですが
ルアーアングラーな自分・・・フライには頼りたくないし
しかも、なるべくハードルアーで釣りたい・・・
 (ーー;) どう対応すべきかわからずにミノーを曳きまくっていたら

「この稚魚の魚種は」

この稚魚は何.JPG

偶然すれてフックに付いて来ました

自分が見た事のない稚魚です・・
しかし心当たりは有りますが、そう有って欲しくないのが本音
もしこの稚魚が自分が思った魚種ならば・・・
先行き、困ったことになる予感がします。

もしかしたら、これの親が去年には生息しており それでミノーに面白い反応をしていたのかも!!
そう思われてなりません!

あえて自分が思った魚種は書きません!
以前にはいなかった魚ですから・・・
しかしこの稚魚がどんな魚種なのか判断できる方がいれば教えてもらえればありがたいです

今朝は花森湖でも1時間ほどで雨が降り始め、結局は家に帰ったのが7時前

朝早く起きて何をしに行ったのやらの日でした

「2011.6.25 花森湖にて」

2011.6.25花森湖にて.JPG↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Gremz ⇒ 絶滅動物


posted by はやちゃん at 17:38| 山形 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。